2017年04月05日

【Web内覧会】15 サニタリールーム


こんにちは、ゆふです。

リビングやキッチン、パントリーなどと聞くとオシャレですが…。
昭和!な言い方だと、居間(客間)・台所・食品収納庫ですよね。
トイレは…お便所?

ところで脱衣室、洗面所ってオシャレな言い方ないですかね?
ランドリールーム?…うーん。うちの場合は洗濯機と洗面台は別部屋にしてないし...
パウダールーム?…っていうほどお化粧してないしなぁ。
で、調べたら、最近はアナタ! サニタリールームって言うじゃあないですか。

という事で、昭和生まれなおばさん女、ゆふが改めて、”サニタリールーム”をご紹介します。
と言っても、インテリア的にはまだ試行錯誤中なので、殺風景ですがあしからず。

*******

まずは2階のホールにある引き戸をガラっ。
290405a.JPG

手前正面には浅めの収納があります。
ハンカチ・ハンドタオル・ポケットティッシュなど朝の身支度に必要なものをポンと置いています。

向かって左側に進むと…
じゃん。
290405b.JPG

普通のTOTOの洗面台と洗濯機があります。
洗面台は…旧居の賃貸アパートで修繕費がガガン!とかかる位、要注意な箇所だったので、我が家は造作にはできません。

というのも、旦那さんが毎朝、バッシャバッシャとダイナミックに頭を洗うもので、とにかくサイドに広い、床がずぶ濡れにならないように、幅広の掃除しやすいモノをセレクトしました。

(で、修繕費は幾らかかったかって?うーん…な・い・しょ!)

この部屋の一番のこだわりは、何といっても明るさ。
北西位置にあってお隣も家なので、とにかく明るくしたかった。
そして思春期を迎えそうなお年頃の子供もいないことだし…とお風呂場バスルームが見えるようにガラス張りの扉と壁(一部)を採用しました。

おかげでとても明るい。
うん、この大きなオプション出費は間違ってなかったよ!ね?
北側のバスルームの窓から柔らかい光が入って、広々と感じるので、朝も気持ちよく身支度できます。

右を向くと…
290405c.JPG

物入れ。下着やタオルを収納してます。
それと、収納の横にはスイッチ。サニタリールームとバスルームの照明スイッチに、お風呂上の換気のリモコンスイッチ。ん?部屋の真ん中に照明スイッチ?

照明スイッチは、2ヶ所作りました。
ここはお風呂に出入りする時(こまめに点けたり消灯するため)用と、もう一つ、

サニタリールーム入口にも。
290405d.JPG

ここのスイッチ横にバスタオルハンガーもつけました。身体を拭いたらここで一時的にタオルを乾かしたりできます。

そうそう、壁紙は一面だけ変えてみたのだけど…
水色ですが、薄くて分かり辛いですね。どうせなら全面これでも良かったなぁ。
290405e.JPG

ブルーと床がグレーで、グレーのお風呂に続くのに合わせました。

最後に照明。
290405f.JPG
これは施主支給。湿気を気にして防湿型のポーチライト(ホコリも入らないし)から選びました。
ちょいレトロで、可愛くて気に入ってます。
夜は洗面の上のLEDライトをつけないと暗いですが、まぁまぁ…そこは、さ。

白色灯でまったり落ち着いてても、鏡を見るためLEDの蛍光灯をポチっとつけてゲンナリする、そんなお年頃なので、白色灯は必要なんですよ。
白色灯ってファンタジーなんですよ。

あれ、何の話でしたっけ…?

次回はちらちら見えてるお風呂…バスルームをご紹介します。
サニタリールームって気どって書き疲れたので、次回は洗面脱衣所に戻ってるかも〜。
(だめじゃん)

*******
仕様はこちら。
洗面化粧台… TOTOオクターブ ラバトリードレッサーSTシリーズ パナシェホワイト
壁紙… リリカラ XB-640 サンゲツ RE-7847
床… リクシル サーモタイル ソフライムU SL-21N
照明… 施主支給
タオルハンガー… カワジュンSA-141-XC
posted by ゆふ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB内覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

蓄熱床暖房 暖かくなる前にちょっと止めてみた


こんにちは、ゆふです。

先日、3泊4日で旅行に行ってきました。
家を建てる前後だと、なかなか出かける気力も時間もお金も割けず…
家を建てて約半年、ようやくちょっと一息つけた感じです。


さて、冬の間ずっとタイマーで稼働させていた我が家の蓄熱式床暖房ですが、家を空けるにあたってガス栓や電気コードと一緒にポチっと切りました。

※参考までに…前回の床暖房の記事↓
蓄熱床暖房の使い心地は?

fuyu_atataka.png
画像=いらすとや様 http://www.irasutoya.com/


帰って来て、最初に感じたのは…

…寒い!!

最高気温は13℃前後あった日でしたが、家の中も同じくらい。
床暖をつけた新居で初めての冬をずっと20℃前後で過ごしていたので、家の中の気温がこんなに下がっていたのは、これまた初めてでした。

しかも、ポチっと再稼働させても、一回のタイマー設定分(3時間)だけでは、全然戻らない。
一度家の中全体が冷えてしまうと、戻るのに時間がかかるという事は、それだけ、床暖房だけで一冬乗り越えられる位、家自体が暖まっていたという事だったのかな?
さすが”蓄熱式”なだけあるね。
(ちなみに24時間換気はつけたままです)

結局、雪の降った日以降、久々にエアコン暖房をつけました。
即効性はエアコンには敵わないけれど、床暖房のありがたさを実感した気がします。


蓄熱式床暖房、様様です。ありがたや〜、ありがたや〜。
posted by ゆふ at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 住んでみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

【Web内覧会】14 2階トイレ


こんにちは、ゆふです。

本日は2階トイレをご紹介します。

2階トイレは我が家のメイントイレ(1階はお客様兼用)なのですが、打ち合わせ当初、洗面所と同じスペースに作ろうか、という私の案もありました。

というのは、ただでさえ狭い2階に、吹き抜けを作ってしまったため、更にスペースに余裕がなく。
トイレと洗面所の間の壁がなければ、ちょっとの目隠しでならスペース広く取れるし??

うーん…でも、結果、しないで良かったかな?


当初は…
ホテルライクで良いんじゃない?
仕切られてないと掃除も楽じゃない?
狭い床や壁って掃除機も入らないし掃除しにくいのよー!

…とか(ほぼ主婦目線)思っていましたが、やっぱりトイレは一人になれないと落ち着かないよね。
鍵を閉めてこもりたい時もあるよね?
広々としたトイレ構想は叶わなかったけど、日本によくあるの普通サイズのトイレだけど、結果オーライ。


打ち合わせ時、ホテルライクトイレ案を伝えた時の、建築士さんの微妙な表情が忘れられません。
当時は色々と無茶な案をポンポン出してすみませんでした…


…と、前置きが長くなりましたが、早速。

どうぞー。

他の部屋と違ってほぼ変化がないため、入居前の写真を引っ張ってきました。
290324a.JPG

他のフロアーが色々とシンプルだったため、トイレは遊び心で。
カントリーっぽい壁クロスが可愛いのです。奇跡的に旦那さんも気に入っている模様。

床はキッチンと同じ、コルクフロアー。
ジューテックホームの標準仕様ですが、温かみと掃除のしやすさ両方を兼ねていて良いです。


トイレはTOTO、NJ1 水栓はリクシルのコフレル。両方とも1階とほぼ同じ。
290324b.JPG
掃除道具はこの水栓下の収納に。


照明は…
290324c.JPG
施主支給しました。
ガラスにヒビが入っているデザインで(割ったんじゃないですよ)灯りを点けると模様が浮き出ます。
木漏れ日のある森の中にいるようです。


1階トイレで失敗したペーパーホルダーは…
290324d.JPG
うん、ばっちり隠してる!

…じゃなく、このペーパーホルダーカバーは旧居からのもので、引き続き使ってます。
旦那さんに「オバさんの家っぽい」と批判されましたが、いいの。
手垢もホコリも目立たないし、集中(?)できるから!
立たずにトイレットペーパー替えれるから!

リモコンも安定・普通の”お尻強調”タイプ。(おしりの文字に目がいきません?)やっぱり、1階のシルバーのオシャレ高級リモコンはちょっと使いにくいのよね…

そうそう、トイレットペーパーの予備を置くスペースがありません。
窓の辺りに、DIYでカントリー風な棚を作りたかったのですが、旦那さんに「壁に穴開けるのはあと10年ダメ」と言われまして…(10年ってサ…おいおいぃ!)

現在は、ドア頭上にプラスチックのつっぱり棒で収納してます。

あんまり、というか全然イケてないので、そのうちこっそり決行してしまおうと目論んでいますわよ。
うふふ。


次回は、洗面・脱衣室行きます。


仕様はこちら。
*******
タンクレストイレ… TOTO NJ1
水栓… リクシル コフレルスリム 自動水栓
タオル・トイレットペーパーホルダー… カワジュン SA-143-XC SC-790-XC
照明… 施主支給
壁クロス… リリカラ トリム上=LV-6343 トリム下=LV-6606 トリム=LV-6342
床… 東亜コルク ウレタン仕上げコルクフロア CWF-612N
posted by ゆふ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB内覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする