2017年05月15日

外構計画1


こんにちは、ゆふです。
さて、我が家の外構計画です。

小さな庭と、玄関周りを施工していただく外構の業者さんについては、うちは3社、見積もりを取りました。ジューテックホームさんのご紹介と、自分で資料を請求して検討したところです。

そんな中での決め手は…

打ち合わせ中のアドバイスが分かりやすかったこと

注文住宅で家を建てて、ちょうど燃え尽きる頃、外構の打ち合わせって始まりますよね。しかもすで予算もキツキツ。
そこで、こちらの望んでいる事を、さっと提案していただけたのです。

具体的には…

 南掃き出し窓に面した庭にはウッドデッキをつけたいけど、雑草や管理が気になるどうしよう。

→なら、いっそタイルデッキでどう?そのほうが安いしメンテも楽だよ。ニセウッドデッキよりもお安くできるよ。


 玄関の門柱は、カーブした白い塗り壁にレンガの笠木にしたい。
こんな感じの↓
montyu.jpg
画像お借りしました

→雨垂れの跡がレンガの目地に沿って塗り壁に付くので、お勧めしない。特に日の当たらない北玄関だとコケも生えるし、白をキープするのは難しいよ。


 オシャレな物置が欲しい。カントリーっぽい感じの。

→見た目は良いけど、値段も高いし、耐久度的にも無難にイナバ等のメーカーが良いよ。


 可愛いレンガっぽい立水栓をつけたい。でも高いので悩む…

→あれね。使うたびに回りこんで屈んだり面倒な所もあるから、シンプルで実用的に、デッキの内側に向かって蛇口だけをつけるのおススメ。


などなど。

気さくで向き不向きもハッキリ言ってくれたのが、家造りで疲れ切っていた私たちにはちょうど良かった。
近場でちょくちょく相談できたのも良かった。
それから価格もとても据え置きにしていただけたこと。
この辺りが、夫婦共、すんなり納得できた要素になりました。

******
そんなこんなで、M工業さんにお願いすることになった我が家の庭は…

前回の平面図↓
290508a.JPG

こんな感じの状態から…
290515a.JPG

着々と作っていただき…
290515b.JPG

立水栓も…
290515c.JPG
確かに、これだと作業も楽そう。

そして物置は…
290515d.JPG

イナバ物置のクリーム&白で、それ程違和感も無く。おまけになんと、下にコンクリートもサービスで施工していただきました。(転倒防止策で)

門柱は?

…ごめんなさい。ネットではお見せできませんが、全体がレンガで、カーブを付けた可愛い門柱にしていただけました。


外構計画2に続きます。





posted by ゆふ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構・庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

庭に木を植える幸せ


こんにちは、ゆふです。

家造りの記録もやっと完成時まで追いつき、今の私の関心事はというと…

植栽!そう、花&木でございます。
せっかくの新居での初の春!というかもう初夏?
殺風景な庭にグリーンを増やすべく、ご近所の植栽に目が釘付け。

思えば、初めて車を買う時には車ばっかりに目が行き、家を建てるときは他所の家ばかりに目が行き…
で、今は庭木。

でも、今でもご近所に土地が空けば、自分ならどんな家を建てるか妄想したりしてます。
これは注文住宅あるあるでしょうね。

******

我が家の庭はと言うと…

諸々の事情から、道路に面した玄関口の様子は載せられませんが…南側のリビングに面した庭。こちらをちょっとご紹介。

平面図はこちら。

290508a.JPG

ちなみに外構工事はM工業さんにお願いしました。

掃き出し窓の前はタイルデッキ、西側を常緑樹のベニバナトキワマンサクで目隠し、東側のシンボルツリーはヤマボウシ(花の大きい落葉樹のほう)を選びました。
hana.png
(左がベニバナトキワマンサク、右がヤマボウシ)
画像お借りしました


このヤマボウシは、実家で母が好きだった木。
花が咲くととても可愛いんです。私もお気に入りの木でした。

うちの新築時に、ちょうど実家の取り壊し時期も近かったため、移植を希望していましたが、タイミングや金額等、諸々の理由で出来なかったのです。

庭木や草花は、家をとり壊す際、基本的には廃棄されるようです。
中には希望者に譲るというエコな市町村もあるようですが…
引っ越し時に一緒に移植して持っていく事もできますが、手間賃や配送等で新しい木を購入するよりお金がかかり(とすると、それはよほど大事な木でないとですね)、なおかつ季節によって難しかったり。

ずっと愛でていた木とさよならするのが惜しかった。

けれども、考え抜いて建てた我が家の庭に、新しいヤマボウシをお迎えしてみて…。春になって無事に花もチラホラ咲き始めて…。

ささやかだけれど、庭に木を植える幸せを、改めて感じることができました。
これも、注文住宅あるあるですね?

そんなお庭について、外構計画も含めて、ちょろっとご紹介していこうと思います。
posted by ゆふ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構・庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

【Web内覧会】17 書斎・小屋根裏


こんにちは、ゆふです。
やっと…やーっとWeb内覧会ラストでございます。
何ヵ月かかったことやら…

うちの新居は、入居前写真をがっつり撮れていなくて、入居後をメインにご紹介してきました。
が、今、改めて入居前の写真を見返してみると、それはそれで良かったような…
まずは、拙くとも家具も飾りもない出来たてホヤホヤ入居前内覧会にしたほうが良かったんじゃ…

とも、思わなくもないですが、終わってしまえば何とやら。まぁいっか!


最後である今回は、書斎と小屋根裏。

書斎は旦那さん許可NGなの(多分まだ未完成だから)と、現在物置と化している小屋根裏なもので、ここは両方とも、入居前状態でご紹介したいと思います。
(あまり写真が揃ってないので、お得意の360度ぐるーり写真でありません。)

では、まずは書斎から。

2階ホールの時にご紹介した、この引き戸の奥になります。↓
290310c.JPG



がらーっ。
2904119a.JPG
あぁ〜。暗くてすみません…

斜め天井に八角形の格子窓、ハシゴの上は見せ収納(?)…となっております。
向かって左奥が収納。写真では折れ戸扉をちょっと開けた状態。
照明はダクトレールからのスポットライトが主。
何も置いてない状態だと、ウォールナットの無垢床がとてもすてき。

奥の部分の壁紙だけ、ちょこっと洒落てます。
コレ↓選んだのは、勿論ご本人。
w00218_vei65751098_r_c.jpg
画像お借りしました


ハシゴの上部はというと…小屋根裏と繋がっているようで繋がってない、内窓がちょこんとあります。
2904119b.JPG
完成前写真ですみません…

その、内窓(のぞき窓)を小屋根裏から見ると…
2904119c.JPG
こんな感じに。

秘密基地っぽい?
ジューテックホームのモデルハウスでも同じようなのがありまして、危ないからか柵がしてあって入れませんでしたが…

うん、やっぱり危なくって使えてないです!

旦那さん、そもそも高所恐怖症だし、まだまだローン返済はあるしで、下手に落っこちてしまったらまぁ大変!
という事で、今は段ボール収納になっていますネ。はっはっはっ

本当は、ここに趣味のレコードを飾ったら?と案を出していたのですが…

勿体無いので、いっそ普通の天井にして、小屋根裏面積増やせば良かったのかなぁ。
ジューテックさん、どうでしょう?って今更遅いですよねぇ…

どなたか、何か良い使い道、あるいはDIY方法があれば教えていただきたいです!


お次は、小屋根裏。

2階ホールの階段を上っていくと…
2904119d.JPG

到着。
2904119e.JPG
奥は、アクセントクロスになっています。
ここのクロスは、トイレ等と一緒でビニルクロス。床も複合フローリング。でも秘密基地っぽくて過ごしやすそうでしょ?
片づけられたら…いずれお披露目を…!

ジューテックホームさん施工の天井は2×8で、断熱材も遮熱対策もしっかりされているので、普通の家の小屋根裏より、夏でもむっとせず過ごしやすいです。
とは言っても、さすがにエアコンをつけていないと真夏は暑め。
(うちはつけてないのよ〜)

書斎へののぞき内窓はこちら、左手前。
2904119f.JPG
この左側からのぞくと、先ほどご紹介した景色になります。

振り返って、階段はこんな感じ。
2904119g.JPG

東、西と窓がついていて、結構明るいです。
ワラのベッドを敷いてハイジごっこもできます。

はぁ…断捨離しなきゃね。

以上、書斎と小屋根裏でした。


ちなみに、書斎の居心地は?

旦那さん「もう慣れました。今度新しい机を購入予定です。」
…とのことで、まだ夫婦とも、新居の居心地を求める旅は続いております。

これで、Web内覧会はいったん終了しますが、ブログはちょこちょこ続ける予定です。
また遊びに来て下さいね!!


*******
仕様はこちら

◎書斎
壁… テシード 不織布クロス GRIS GRIS VEI65751098 
   東リ 珪藻土含有紙クロス WEN1119

◎小屋根裏
壁… リリカラ XB-640 XB-636
床… ウッドワン 複合フローリング FKM477D ホワイト 
posted by ゆふ at 22:46| Comment(1) | TrackBack(0) | WEB内覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする