2017年06月12日

外構計画5 レンガ敷き小道・完成(๑´ڡ`๑)☆

 
こんにちは、ゆふです。

お庭に穴を掘って、砕石を敷いて…
やっとレンガ敷き小道の基礎が出来上がったところまでご紹介しました。

ところで、おうちブログに書かれている旦那様たちはいわゆる
ザ・マイホームパパ!”なイメージの方が多い気がしませんか?

「庭仕事や力仕事はぜーんぶ旦那に頼っちゃいました☆(๑´ڡ`๑)」とか何とか。
うちは私が企画・見積もり・労働すべて担当してます。

うちの旦那さんは…一軒家なのに、庭やDIYに全然興味がありません。勿論、洗車も私が率先しないとやりません。


じゃあ、なんで一軒家(しかも注文住宅)なんじゃーーーい!!

という心の叫び声が聞こえますが、主体的ではなく、「ちょっとお手伝いならするよん☆」なスタンスでなら参加してくれます。

今回も、砕石を運ぶのと、庭の穴掘りをちょっと手伝ってもらいましたよ。ここで株を上げておかないと、次回は無いかもしれないので…
私だけだったら、こんな力仕事できなかったよありがとう〜!」と↑↑(アゲアゲ)しておきました。

実際に、興味を持つと、大雑把で雑な性格の私よりも器用にこなしてくれるので、不満はありません。
ありませんよーよーょー… …

******

前置きが長くなりましたが、作業の続きです。

砕石を踏み込んで慣らしたら、まずは、レンガを敷くためのアタリ(目途)をつけます。
こんな感じでー。
290612a.JPG
そして、一旦、撤去します。


お次はレンガを乗っける前に、砕石の上に砂を敷いて水平になるようにします。

水平器の出番です。

水平器は初めて買いましたが、お値段もピンからキリまであって、私が選んだのはお安めの…
これで充分でございました。
TRUSCO ポケットレベル25×70 -
TRUSCO ポケットレベル25×70 -


砂の上にレンガを一つ置いて水平器を乗せて、偏っていたらゴムハンマーでトントンしたり、砂を足したり退けたりします。
地味!ええ、地味です。

ポイントは、端っこが土より下に下がらないように、かつ小道の真ん中が盛り上がるような感じで。
要は水たまりにならないように、心持ち勾配を工夫します。


そんなこんなで出来上がりました。
290612b.JPG

ちなみに、レンガ自体がナチュラルというかアバウトな造りなので、きっちり揃わないと予想し、最初から隙間を作って、残りの砂を撒き、デッキブラシでゴシゴシと目地を埋めました。

反対から見たところ。
290612c.JPG
砂を掃いてざっと水を撒いただけなので、汚れておりますが…


何とか土がぬかるむ梅雨前に仕上げたくて、今年のG.W.の連休は、この作業に費やしました。
天気の良い連休に独り、ひたすらトントントントンと…

えらいよ…えらいよアンタァァ!!とちょっとでも思った貴方、クリックをお願いいたします☆
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


いやぁ…でも、ひたすら穴を掘ったりなんだりって、なかなか経験したことがなかったので、実は結構楽しかったのでした。


次回は、植栽についての計画をちょっと書きますね。
posted by ゆふ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構・庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

外構計画4 レンガを敷くための土台 〜ひたすら穴掘り☆〜


こんにちは、ゆふです。
庭にレンガ敷きの小道を作るためには、どうするのか。
何が必要か。

そこで今のご時世、ネットで検索、検索〜。
便利な世の中です。



まずは、レンガ敷きの土台に必要な…

・砕石(隙間を埋め地盤を固定させる)
・砂(レンガを水平に置けるよう調整する)

どの位敷く必要があるかというと。
こんな感じ。↓
tuti.jpg
(私は最初、不必要に20センチも掘ってしまいましたが… ※後述参照)


そして…

・お気に入りのレンガ!


更に、作業用に必要な…

・シャベル
・水平器
・デッキブラシ
・ゴムハンマー

シャベルとデッキブラシ、ゴムハンマーは持っていたので、それ以外の物を、近くのホームセンターで購入しました。
いや、ホームセンター様様ですね。砕石を買い足しに何度も通ったので…


駐車場などのしっかりとした土台にはモルタルが必要らしいですが、ちょっと家族が通る位の小道なので、そこまでしないでも良いかなと。


さて、何回も使いまわししてますが、図面。
290531c.JPG

ここを、掘って〜掘って〜掘りました。
290605a.JPG

反対から見ると
290605b.JPG

この時点では、ネットで調べたメモを参考にに20センチも掘ってしまい、砕石が足しても足しても足らずに、悩んで作業中断していたんですよ…

そんな中、たまたま用事で来られたM工業さん(外構業者の方)に、「そんなに掘らなくても大丈夫だよ・笑」と言われたので、土を戻しました(今までの土掘りは何だったんじゃ〜!)

だって20センチの穴を埋めるのに、砕石9袋も使ってしまって。
いやいや、ここまで頑丈にしなくてもいいんじゃないかなーって迷っていたところに来ていただいたので、本当に感謝です。やっぱり、ネットよりもプロの意見です!

そんなこんなで、改めて、砕石を流し込みました。
290605c.JPG

え?普通は面積からざっと何袋必要になるか計算とかしないかって?

…ですよね。いやはや、DIYって計算大事☆うふ

続きます。


posted by ゆふ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 外構・庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

外構計画3 レンガ敷きをDIYで


こんにちは、ゆふです。

外構屋さんにお任せしたところは前回ご紹介しましたが、
今回は外構DIYに挑戦した記録をご紹介。

*****

タイルデッキを南側に施工していただき、入居後しばらくお庭を行き来していると…

タイルデッキが汚れる!

というか、タイルデッキ以外は地面、土です。
雨のあとのぬかるんだ地面を歩くとタイルデッキに上がった時に土がついて気になります。
かと言って、土の部分を芝生で覆う、等という考えは無く…

何故かというと、
理由1…芝生を敷く範囲が狭い。あんまり意味がない?
理由2…芝生の管理が大変そう。(実際、実家では疎かになり、最後はげました…)

そこで思考は一旦ストップ。
が、入居後半年以上たって家の中の事も少し整い、やっと重い腰を上げました。家への情熱を使い果たし、充電期間も経て、ようやく庭に目が行くようになった…とも言いますが。

ここは、以前から薄々考えていた私のプラン…

レンガ敷きをDIYで仕上げてみよう!!
洋風のお家には似合わないはずがない、レンガの小道です。


イメージはこんな感じ。
IMG_0097.JPG
(画像お借りしました)
あくまでイメージです!難易度高くなっちゃうよ〜


実際のDIY予定箇所はというと…
290531c.JPG
このピンクで覆った部分になります。


デッキから見たところ。
290531a.JPG
この部分です。

反対側から見るとこんな感じ。
290531b.JPG
もともと、写真手前の砂利止めの部分には、レンガを施工して貰っていたのです。

長さはざっと90センチ。この位の範囲なら、私1人でもなんとかなりそうかな?


次回に続きます〜。
posted by ゆふ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構・庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする