2016年11月09日

モコモコビフォーアフター 現場工事7


断熱材の記事は以前に書きました。
(カテゴリご参照下さい)
今回は、断熱材・アイシネンを吹き付けた様子と、その後のボード下地を取り付けた様子をビフォーアフターでちょこっとご紹介。


ビフォー。例の旦那さんの書斎です。
1107a.JPG

もっこもこ。
この断熱材のおかげと、夏場の屋根からの熱も遮熱シートで遮られるので、2階吹き抜けも可能になります。
(うちで施工された遮熱シートはタイベックシルバーという商品でした)


アフター。お次は下地ボードを施工した後。
1107b.JPG

下地ボードはハイクリンボードという、有害物質を吸ってくれるアレルギー持ちさんに優しい下地です。
エコカラットとちょっと似ているのかな?
エコカラットは家の一部に貼る感じなので、家全体に施工できるこちらもおすすめです。
(上にビニールクロスを貼ってしまうと効果減ですが…)

色は優しいピンク色で、このままでもいい気がしました…。
(ピンク嫌いの旦那さんの部屋にはありえませんが〜)

この上に、壁紙が貼られていきます。



断熱材の施工写真を見ていると思い出すのは、施工会社選びの時に散々悩んだ、
内断熱(充填断熱)VS外張り断熱

ですね。

ここからは、断熱のことについてちょこっと書きます。
興味がない方は、ふーんと流して注文住宅ボタンをポチっとお願いします☆



*******

1枚目の写真のモコモコ断熱材を見てください。
1107a.JPG
うちのように、こうした内断熱(充填断熱)の場合は、柱や梁の部分は断熱材は施工されません。

冷気などが木材から内部に流れる可能性があり、断熱・気密性能や結露も少し心配です。
そのことが原因でアレルギー症状を引き起こす原因にもなりえます。

対して外張り断熱の場合は、構造材の外側に断熱材が隙間なく貼られるので、その点は大丈夫かと思います。
が、逆に外壁の隙間からの雨風による水分の断熱材への浸透や、内側の湿気をうまく逃がすようにしないと、構造材が湿気を吸ってしまう可能性ががあり心配。

なので、外張り断熱にする場合は、外の風雨を防ぐようにきちんと防湿シートを施工し、内部も湿気を逃がす二重通気工法にすると良い、と学びました。

他にも詳しく調べると、双方いろんなメリットデメリットが出てくると思います。


紆余曲折あった施工会社選びの結果、私たちが選んだ施工会社は充填断熱で施工するほう。
旦那さんは、まだ外張り二重断熱工法に未練があるようですが…

私は、今はどちらでも良いのではないかと考えています。

断熱性能については冬の厳しい地域だともう少しその辺りをシビアに考えたと思うのですが。
また、とことんエコにしたい場合もそうですね。(c値を可能な限り少なくして、暖房冷房を最小限にしてエネルギー使用量やCO2削減に努めるとか)

丁寧に施工してくれる会社を選べば、ちょっと前の「グラスウールが湿気を吸って腐って剥がれ落ち、構造材も腐って…」
という、ガクブル手抜き工事のようにはならないのではないかなと。

ただ、アレルギー持ちゆえ結露についてはしっかりとした施工を、と思っていました。
結露から来るカビ、それからハウスダスト・ダニなどの発生しやすい湿度の調整しにくい環境などです。

そこは北欧仕様を謳っている施工会社さんに頼んでよかったかも。
充填断熱ですが、窓はほぼトリプルサッシ、1階全部が床暖房なので部屋ごとの温度差もあまりなさそうなど、こだわりたい部分に合っていたかなと思います。
(以前冬に見学した、某大手ハウスメーカーさんの街中モデルハウスでは、全館空調なのにもかかわらず、窓に結露ができていて、ショックでした)

でも、まぁ…
初めて新居で過ごす冬は果たしてどうなのか、これから実際過ごしてみないとわかりません。
結論はまだですが、楽しみでもあります。
ラベル:断熱工法
posted by ゆふ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

ウェルカム床暖房 現場工事6


造作工事が一通り終わり、コンセントや照明の位置確認、”配線確認”の打ち合わせが終わると、次は窓の取り付けになりました。

窓→床暖房→断熱材

と週末ごとに、高気密高断熱の住宅仕様がメインディッシュのようにやってきます。

窓のことは以前に書いたので、今回は床暖房の配管施工の様子を簡単にご紹介。


リビングの床暖房工事。
1105a.JPG

きれいな渦巻き。

ジューテックホームの仕様は蓄熱式床暖房になります。
熱源はガスか電気を選べます。
電気はソーラーパネルがあれば相性が良いらしいのですが、うちはソーラーを乗せなかったのでガスで。
そして何といっても1階全部が床暖房!

この配管をはわせた後に、コンクリートで埋めていきます。

最初、配管を埋めるって、もし何か配線が詰まったりメンテナンスの際には大丈夫か?と思いましたが、そこは「ほぼない」と言う言葉を信じるしかないです…今のところ。

実際に、ガスで温められたお湯が通る緑のチューブ配管を触ってみましたが、とても固かったです。
チューブが摩耗する危険は、そこまで心配しなくても大丈夫かな?


キッチンの足元もくまなく配管。
1105b.JPG

入居時に説明を受けたのですが、床暖房をつける時期は、裏に滑り止めのついたキッチンマットはNGとのこと。

何でも、特に入居して1年目は、その下のコンクリートが完全に乾ききっておらず、ビニール製の滑り止めのあるマットを敷いてしまうと湿気が逃げてくれないので、良くないそうです。

なので、今は試しにぺラッとした無印のマットを敷いてますが、歩くたびにずれてプチストレスですね。
何も敷かないと水や油が飛んで、床があっという間に汚れてしまいそうだし…
ここはどうしたものか、悩み中。


トイレにももれなく配管。
1105c.JPG

冬の1階トイレって寒いんですよね〜。
これは本当に助かります。


先日、ようやく寒くなってきたので、さっそく試してみました。
この時期(10月終わりから)は、朝5時〜7時のタイマーでの稼働だけで、夜に仕事から帰宅した後もほわっとした暖かさをキープしてくれています。
ダイニングの吹き抜けから2階にも熱がいくように、シーリングファンで上向きの風を送っています。

いつまで他の暖房機器を使わずにいられるか実験中…。
ちょっと楽しみでもあります
posted by ゆふ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

2階に到着 現場工事5


前回は突然、微妙な自分語りに突入してしまい、お目汚し申し訳なく…
まぁ、人生いろいろありますよね。お察し下さい☆(何をだ)

******

建築中の我が家。
ぐらつく梯子をこわごわ上り、2階に無事に上がりました。

奥側は寝室になります。
1104a.JPG

ちょっと後悔したこと。

この上の部分は普通に天井下でふさいでしまったのですが、ここも子屋根裏収納にすれば良かったかなぁと。
旦那さんと、「なんかこの空間、勿体ないね」と話しておりました。

一時、片側を吹き抜け天井にしてみようかという案があったのですが、収納と吹き抜けのバランスがとれずに結局、実現しませんでした。

また、寝室の天井を上げるのは、就寝する際に落ち着かないのであまりお勧めしない、とのことだったので。
寝室の天井を吹き抜けにされた方、実際はどうだったでしょうか?


ぐるっと回転すると、そこは旦那さんの牙城…もとい書斎になります。
1104b.JPG

ここは吹き抜け天井にして、向って左側の上を開架図書のようにしました。
梯子をつかって、ちょこっと本を並べたり、旦那さんの趣味のレコードジャケットを飾ったりするといいかなと、私が案を出したのですが、住んでる現在、まだあまり飾れてません。

工事した方も「ここ、のぼると恐いね」と言っていたのですが。

旦那さん、よく考えたら高所恐怖症でした…

いいんです。いいんです。その場所のメインは、上にちらっと見える八角形窓なんですから!


最後に、フィックスの吹き抜け窓をつける場所。
1104c.JPG

今は床が貼られていますが、これは作業用の仮の床とのこと。
南北に長く、東西両隣に家が並ぶ我が家の、貴重な明かり取り窓になります。

この窓は、東側になり、朝日が差し込み1階までとても明るいです。


以上、初めて上った2階をご案内しました。
早く内覧会でご紹介したいですが、もうちょっと建築中の工程にお付き合い下さい。
posted by ゆふ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする