2016年09月08日

和室は必要?


畳の部屋にするか迷った1階の北側の部屋。
0908.JPG

*******
打ち合わせで、間取りを決めている最中、
和室の有無について悩みました。

新居の南北に長い家の間取りでは、
南にリビング・ダイニング、キッチンが
あり、その後ろ側、北側に一部屋という
間取りになります。

最初はその部屋を和室にしたい、と思って
いました。
けれど、イメージしていた和室はリビング
の続きの間にある小上がりの和室


ちょっとゴロンと横になりたいとき、リビ
ングの延長線上にあると良いなと。
そして、親や親族が遊びに来た時に、泊ま
れるような仕切りがある感じ。

でも、南北で寸断されているため、その
イメージには合わず、使い勝手も変わるし。


南北の間にキッチンの壁で仕切らずに、
アイランドキッチンでオープンにする事も
考えましたが…

何というかキッチンの換気扇辺りが部屋の隅
にないと、調理中の臭いや油はねが空間中に
広がりそうで嫌なんですよ。

今っぽいおしゃれなキッチンはアイランド型
かなーとも思うけれど、常にピカピカにして、
”見せるキッチン”にしておくのは苦手だし、
広さもないし。

なので、1階北側の部屋は独立した部屋。
そこを畳の部屋にしても、あんまり使いそう
にないし、来客以外はずっと物置になりそうだし。

私の親は近場、旦那さんの親は遠くに住んでいて
頻度も少なそうなので、じゃあ…
私の作業部屋にしようかな!と考えました。


畳にしておくのもあまり意味がないので、
フローリングにしました。

日本人の心・畳、採用ならず、残念。


作業って何?うふふ。秘密です


posted by ゆふ at 23:24| Comment(0) | 間取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

歳をとったら1階に住む?


打ち合わせは前に私が落書きした間取りから
ちょこちょこ変えて行くような感じとなりました。

一応、私たちは、”ついの住処”と考えているので
ある程度の「歳をとったらどういう生活スタイルに
するか」、ある程度予想した間取りを考えました。

よくある問題は、階段ですね。

平屋の家のかたは問題なさそうですが、我が家は
2階建て。(階段で上がる小屋裏つき)


階段を上り下りするのが億劫になったら引越せば
良いかな、とか老人ホームに入れば…という方も
いると思いますが、なるべく苦労して作った愛着
のある家で長期間、住み続けたい。

もし何か、住めなくならないまでも、単に2階への
行き来を少なくしたいのなら、1階に生活に欠かせ
ない必要なものがそろった間取りにしたいなーと。

なので、当初はうちは1階にキッチン、トイレ、
お風呂洗面を持ってきました。
昔からある家のごく一般的な間取りですね。

でも、はたしてそれが一番良いのかな?

北側に道路があるので玄関は北だとして、リビングは
庭の見える南に持っていきたい。
LDKで横に対面キッチンもつけたい。
そうすると北側にお風呂になります。

でも、今現在マンションにいると、動線としては
夜・お風呂→脱衣所→寝室
朝・寝室→脱衣所→

となっていて、その位置が近くにあるほうが便利。

しかも、誰かさんもし裸で脱衣所から出ようとして、
来客なんかがあったら出るに出られない…

玄関に近いお風呂場=せっかく家にいるのに心理的に
リラックスしてくつろげない!
本人談



という心配があって、究極の選択をしました…

それは。

1階にキッチンを設けるか、お風呂か。

何が究極かといいますと、もし万が一上のどちらかを
選ぶとしたら、どっちを取るか。

色々老後を想像して考えました。

私たちの考えは キッチン>お風呂

仮にほとんど2階に行けなくとも、キッチンで簡単に
料理ができるならリビングで寝て1階で生きていける。
お風呂は2階に行く事ができなくて入れなくなったら
デイサービスに頼もう。

じゃあ、老後の心配と今の利便性を兼ね備えて、
1階キッチン&リビング、2階お風呂&寝室にしよう。

夫婦でそう結論づけました。

(反対意見でお風呂優先の方もいるかと思うけど)


そこまで考えて、二人ともすでに身動き取れない
ご老人の心境になってしまっていたことに気づく…

いや、そうならないためにも、足腰鍛えて階段を行き来
できる健康シニアを目指すのが一番なんですけどね〜。

いつ何があるかわからないので。

私、実家にいた頃、手術後に家に帰宅して、2階の自室に
たどり着くのにすごく苦労した経験もあるので…


まあ、いざとなったら、新居のダイニングの吹き抜けを
エレベーターにするかー、とか考えたりしております。
(問題はエレベーター作るお金ですが…)


そんな感じで、頭を悩ませて間取りを考えました。

つづきます

posted by ゆふ at 23:59| Comment(0) | 間取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

注文住宅で男のメンツは如何に



すみません、前回のブログで土地の間口の
大きさ、間違ってました〜
(ブログは訂正してます)

間口は約7メートルなのと、あと坪数は旦那さんの意向で
削除されました…

間口や坪数に関しては、何やら男のメンツ
あるらしく…
過去、土地を選ぶ際にもお隣よりわずかに間口
が狭いから後々見比べられそうで嫌!

とか悩んでおりましたが・・・

何をおっしゃるうさぎさん!

そんな数や目方は重要ではないのですよ。
注文住宅なんて、こだわってしまえば
見た目も中身も自己満足の世界。

程よく住める環境に自分たちで考えたお気に入りの家を
建てられて、勤め先から新居に帰って来た時に、ふと
わぁ〜。我が家に帰ってこれた〜」と
ほっこりできればいいのです。

田舎の広大な敷地に思いっきり邸宅を建てるのもよし。
ちょっと小さくても、便利で自分たちにとって生活に
不自由しない土地に身の丈に合った家を建てるのも
よし、だと思いますよ。

幸い、通りに面した玄関もレンガ調タイルでちょっと
旦那さんの好きなようにデザインできたし、私は十分、
だと思っておりますよ。

現場監督さんも「通る人みんな見ていくよ。素敵な家
じゃないですか」と言っていましたよ。
お世辞かもしれないけれど…

*****

閑話休題。

今、家も建ったというのに、家の設計図とにらめっこ
しております。

表題登記』って、家を建てられたご先輩方、家屋調査士
さんにお任せしましたか?ご自分で作られましたか?

お願いすると7万近くかかる上、ネットで調べたら自分たち
でも作成可能とのことで、現在2人で頑張って作ってます。
週明けに法務局に提出して、何回かダメ出しをいただき
ながら作る予定ですが…

いや〜…結構これ大変ですね!

他の方がどの位かかって作成したのか気になります。
ちなみに私たちの家を建てた工務店営業担当さんに聞いて
みると、

「ほとんどの方が自分でやってませんでしたね〜。
たまーにおりましたけど、時間がかかってたみたいですよ」
と。
そうかそうか。自分でやってやるという気骨ある方
なかなかいらっしゃらないと。

何とか自分たちでやり遂げたいのですが。
大丈夫でしょうか…

でも、やっぱりこれからも色々かかりそうなので、節約し
たい方、時間を少しでも割けそうな方は作ってみるのもあり
だと思います。

無事完成できたら、ちょこっと報告するかもしれません。


今回は、打ち合わせの話ではなかったですが、
次回はまた続きを書く予定です〜。



posted by ゆふ at 23:59| Comment(0) | 間取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする