2016年12月14日

家具の造作は長い目で見て


Web内覧会中ではありますが、ちょっと休憩。
写真にコピーライト表記用の文字を入れたり面倒くさ…いや何でもありません!)

当ブログではタイトルに「ついの〜」と入れております。
一応、私たち夫婦がこの先、例えば離婚や死別、老人ホームに入ったりしない限りは、この家がついの住処だね、と決めています。

特に心身に不便を感じない限りは住み続けたいですね。
多分、身内によほどの困りごとがない限りは、新たに別の地に住むこともないでしょう。
かと言って、先が見通せるわけでもないので、あくまで今の希望ですが…

よく、家を建てるのに子供都合では建てない、という内容を見かけます。
成長に合わせて部屋の使い方もどんどん変わっていくだろうから、ある程度間取りが変更可能にできるように、ということでしょう。

それは夫婦のみの世帯にも、ある程度当てはまる気がします。
特に寝室

周囲には結構、年配になると夫婦別室で寝る方が多いような気がします。理由は就寝・生活スタイルの違いや、相手のイビキが我慢ならない…などなど。
(他人事ではありませんが…

若くラブラブな時期にはダブルベッドで生涯一緒に眠るんだ!と思っていても、なかなか熟睡できないお年頃になってくると、やっぱりちょっと距離を置きたい、もっと言えば部屋を分けたい。

そうなると、やっぱりベッドもダブルでなくツインに。
寝室もある程度柔軟性をもって設計しないとなぁ、と思いました。


…というのは、希望の間取りを考えていた時。

寝室のベッドを置く頭の辺りにボードを造作してもらいたいと思っていました。
時計や照明を飾れるような、収納のあるヘッドボード。
ホテルライク〜な、こんな感じの。
bed1214.jpg
画像お借りしました

狭い寝室に新たにベッドサイドテーブルを置かなくて済むかな?照明も予め間接照明を配置しようかな?
…等々と、夢も膨らみました。

けれども、後々、もし今現在のベッド位置(シングル2つくっつけています)に不満が出てきた場合、その造作は邪魔になりますよね。

そう考えたら、ヘッドボードの造作は必要ないかな、と。結局採用はしませんでした。


寝室のみならず。あんまり柔軟に使えない造作も難しいところ。

これはTV大好きな旦那さんの意見ですが…

壁掛けTV用に、壁を造作されているお家もよくあると思います。
が、これも今後購入するTVのサイズにも制限が出てくるし、本体のメンテナンスも面倒。
そういうと予測不可能な家電全体が対象になってしまうので、今を最大限こだわって楽しみたい!という方には不向きな考えかもしれませんが…。

一方で、住んでみて、これは造作しておけばよかったかな、という点も。


旦那さん、CDコレクターなのですが、現在、古くなったCDラックを買い替えるので悩んでいます。
私は近い将来、CDも本も大きな収納は不要になるかもしれないから、間取り計画当初はそこまで考えていませんでした。

けど、電化製品の移ろいはあれども、、どんなに音楽をクラウドコンピューターに入れたとしても、コレクターにとっては、やっぱり保管場所は大事。
CD不要の時代のせいか、今は開架式の簡単な棚しかあまり市場には出ていなく、保存のききそうなガラス棚つきの専用ラックはあまりないそうです。

開架式、というか無造作な棚にポン、と置くだけでは、年月によるホコリや色褪せのダメージはハンパない。
…と、過去の自分の本棚を見ても思います。

そして何より、ホコリ!(&掃除)
このブログの悩みであるホコリ対策もかねて、旦那さんのCD収納棚は、しっかり保存できるものを造作してもらったほうが良かったんじゃないかな?と、ちょっと後悔中です。


年月の他にも、その人の趣味や思い入れによっても、全然違ってくると思いますが、造作はよくよく考えて、長年のお付き合いに見合ったものを作ってもらいたいですね。

posted by ゆふ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

噂の?家屋調査にムキになる


ムキになったの、私でございます…


先日、市の資産税課から新築の家屋調査がありました。

外観と平面図面のコピーを渡して、30分程だったでしょうか。
家の間取り、床や壁、トイレやお風呂、床暖房などの設備、換気口、それからキッチンの幅など、細々と調べられました。

いや、それは全然構わないのです。
調査していただくことによって、固定資産税額が適正に審査されるのであれば。


黙々と図面に沿って確認していく調査員の方。
そこで、何点か口頭で質問があったのですが、

調「この床は合板ですか」
「いえ、無垢です

調「壁はクロスですね」
「でも、ビニールクロスは少ないです

調「トイレの床材は…」
「コルクです。クッションフロアーじゃありません

調「2階の床はまた違う素材ですね」
これも無垢です


私、普通に回答していたつもりだったのですが、
一緒に立ち会った旦那さん曰く、こんな感じでムキになって答えてたようにみえたそうで。


別に自慢したつもりでもなかったのですが、悩んで選び抜いたお気に入りの無垢材を合板と言われて(え?ちょ…触ったらわかるでしょー。ちゃんと調査して下さいよ)という態度が丸見えだった…かもしれません。

実際より安く見積もられていたらもしかしたら、もしかしたらラッキーだったかもしれないのに。
何というか、嘘が付けない不器用な損な性分だわ…。


最後に家屋調査済のシールを家の外のどこかに貼る、とのことでした。
大抵は排水設備のシール辺りの横に貼るのだそうですが、一緒に探しても見当たらず…

調査員の方、門扉下にペターっと貼られました。
黒い素敵なアイアンの門扉に、お役所の銀のシールが。

しかし…直後に、見えにくいところに排水設備のシール発見してしまったのです。


一瞬、流れた空気(ここに貼ればよかったんじゃあ…)


新居の家屋調査がまだの方。
排水設備のシールの位置を、あらかじめチェックしておくことをおすすめします。


ともかく無事に終わって良かったです。

タグ:家屋調査
posted by ゆふ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

庭木を少しずつ増やす幸せ


もう少しで、新居に住んで2か月。
入居からしばらくはバタバタとしていましたが、やっと落ち着いてきました。
早いものです。

ここのところ、週末は家具探しかホームセンターに行くか、のパターンになってきています。
家具は、結婚してから使用していた無印のダイニングテーブルやリビングソファが、新居のサイズに合わずにこじんまりとしているので、合うものを悩みつつ探しています。


ホームセンターでは、主に庭木をちょいちょい見たりしています。
小さな庭なので、沢山は植えられませんが、楽しいですね。

もともと実家でもプランターに花を飾ったり、庭木を眺めるのが好きだったので、めでたく一軒家を建てられ庭が持てて、とてもワクワクしてます


新居に植えた木は
◎ヤマボウシ(落葉樹のほう)
◎トキワマンサク(葉の赤いほう)

…ここまで外構屋さんにお願いしました。

◎ブルーベリー(友人のおススメ)
◎ドウダンツツジ(口紅更紗)
◎ナンテン(旦那さん両親から株分けでもらった)

あとは室内に
◎サボテン(旦那さん希望)

になります。
そして小さい花などをちょこちょこ地植え。
チューリップの球根も植えました。


鉢植えは、水やりをしっかりしないと枯れてしまいます。
その点地植えだと、秋冬はほぼ何もしないので、楽ですね。
雑草むしりや剪定、木によっては消毒など必要ですが…


実家の庭には、母が好きだった茶花・山野草や、四季折々の庭木がありました。

春〜 梅、福寿草、牡丹、沈丁花、クロッカス、山吹、ツツジ、ドウダンツツジ、芍薬、山芍薬、踊子草、片栗、二人静、花イカダ、都忘れ、チューリップ、苺
夏〜 紫陽花、沙羅の木、空木、シモツケ、テッセン、紫蘭、小手毬、キンシバイ、百日紅、立葵、水引
秋冬〜 金木犀、水仙、クリスマスローズ、椿

思い出せるだけでも、こんなにありました。すごいな実家。
(まだまだありそうだけど)


山野草は、雑草と間違いえて父が抜いてしまったてケンカの種になったり…
梅や牡丹・芍薬は虫がつきやすく管理が大変そうでしたね。
あとは、夏〜秋の庭の水やりは蚊との戦いだったり。
雑草むしりは一番大変そうだったかな(あまり手伝わなかった…)
剪定を業者さんに依頼するのも、お金がかかって大変ですよね。
(なので、途中からシルバー人材センターに頼んでました)

そんな事も思い出しつつ…

簡単に手入れできる範囲で、実家にあったような草花を植えるのは、今はもう無い実家や亡き母を思い出して、とても心なごみます。

ちょっとずつ増やせたらいいな。


ちなみにバラは難易度が高そうで手を出す勇気がありません…

posted by ゆふ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする