2016年10月07日

壁紙を決める その2


前回の記事で、テシードの輸入クロスを紹介してもらったことを書きましたが、その他は、壁紙を取り扱う国内メーカーの型番のサンプルを、ネットで片っ端から取り寄せました。


リリカラ、サンゲツ、東リ、シンコール。


その中でも、メインに大量に使う壁や天井には、なるべく自然素材に近いものを考えました。

ということでメインの壁紙・クロスに選んだのが、
東リの『環境・素材コレクション』の『アースウォール』

素朴なカラーの珪藻土含有紙クロスなのですが、このホワイト系の中から採用しました。

耐水性や丈夫さ・コストダウンを考えて、脱衣所やトイレはビニールクロスを。
壁の下地材のハイクリンボードの効果を考えると、ビニールクロスには通気性がない分、下地材の効果が落ちる気がするので、換気でしっかり補って欲しいところです。

脱衣所やトイレはちょうど排気口もある場所なので、臭いや気化した化学物質もどんどん流れていくところだし…と考えました。


しかし。

いやーーー。
壁紙サンプル集め、キリがない位集めましたね!

サンプルを取り寄せて見比べっこするのが、もう楽しくて楽しくて!
あれもこれも採用したくて、広い家がうらやましく思ったり。
すでに1回決めたのに、後から修正をお願いしたりもしました。

手のかかる施主ですみません。

でも、私のわがままだけではなく、結構途中で廃版になった型番があって、その壁紙はとても気に入っていたので、他の物に決めるのに時間がかかったりもしたんです。

結局悩みに悩んで決めた壁紙の種類は16種類
天井や壁の上下トリム(帯状の壁紙)で変えたりしたので、うーん…

ちょっと多かったかな?


アースウォールは施工直後から全然臭いもなく、今のところ大丈夫そうです。
ただ、ちょっと生地が薄いので、継ぎ目が見えやすいのと、もしもの時のメンテナンス用に余った壁紙を取り置きしてます。


一階トイレの壁紙。シンコールのものです。

0918.JPG


また、Web内覧会で改めて紹介したいと思ってます♪
posted by ゆふ at 23:04| Comment(0) | 壁紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

壁紙を決める その1


お風呂、洗面、トイレ、キッチン、食洗機!と設備を決めて、次は壁紙を決めることになりました。


食洗機の記事でつい熱くなり長々と語ってしまって、
アレルギー持ちのブログだったことすっかり忘れてましたが…

壁紙。
私が希望していた漆喰は高価なのと、工務店に技術のある良い職人さんが現在いないとの理由で、他の、できるだけVOCや臭いなどを発生しない素材を選ぶようにしました。


…とはいえ、壁の下地材に有害な物質を吸収するハイクリンボードを使っているので、それは安心なのですが。
とりあえずビニールクロスを極力少なく。

ビニールクロスは安価で丈夫で手入れしやすいのですが、化学物質を含有するので、アレルギー体質の人には注意なのです


さっそく、インテリアコーディネーター(IC)さんに何が施工できるのか、お勧めはあるか聞きました。

自然な素材でのお勧めは紙クロスとのことで、まず突然輸入クロスのカタログをどーん!とお借りしました。


素敵です海外の紙クロスなだけあって、デザインも質感もおしゃれですごーく素敵。


いただいたカタログはテシードというメーカーのクロス。
その中の不織布のものを何点かチェック。
(普通にビニールクロスもあるのです)

ちなみに紙クロス、と書きましたが、純粋に紙のみでできているものもあるのですが、取り寄せて強度や水ぬれなどを見たところ、丈夫さに不安があったたので、うちは採用はしませんでした。


テシードのクロス
テシード壁紙
画像はお借りしました


しかーししかし…

お高い

これは一度見積もりを取って、厳選して使おうかなと。


続きます
posted by ゆふ at 23:59| Comment(0) | 壁紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする