2016年12月03日

土砂降り雨の中、引き渡し


引き渡し当日。
8月の終わりの土砂降りの雨降る某日、引き渡しがありました。

玄関ポーチはできていたものの、外構工事はまだだったので、ぬかるむ土をつま先でよけつつ、この日のために敷かれたレッドカーペットへ傘さしつつ向かう私たち。

すでにジューテックのお世話になった方々が来ており、例の儀式開始でございました。
そうそう、工務店だからか、なんと社長さんにも来ていただけました。

白い手袋をはめて、金のハサミを手に持ち、満面の笑顔でテープカット

とは言っても、土砂降りの中じゃあ、折角写真を撮ってもらっても絵にはならず。
ついでにこちらのカメラで写真も撮るゆとりもなく…
営業担当さん、もしまだ持ってたらあの時の写真下さい〜!

それにしても…
地鎮祭の日はヒョウが降り、引き渡しの日は土砂降り。
晴れた天気ではなかったけれど、違う意味で印象に残りますね。


いいんです、いいんです。
荒れた天気が続いたにもかかわらず、こうして無事建てていただけたんですから!


中に入ると、待ち構えていらしたのは、設備関係の説明をしていただく業者さん。
さっそく、片っ端から説明が入ります。

おや?
感動の内覧は?

すでに仮の鍵は貰っていて、カーテンの業者さんが入ったり、光回線の工事で半日立ち会ったりと、何度も新居には入っていたため、よくある「なんて素敵なの!」の引き渡しの感動とは無縁でしたね…

その間、営業担当さん達は、わやわやと新居について眺めたり語ったりしていました。

「いやー、思ってたより可愛らしいおうちになりましたね!」

わかってます。
狙いどおりに仕上がりましてよ。


いただいた設備機器の説明書です。
ずどーん。と分厚い。
1203a.jpg

付箋が付いているものは、メーカーへの機器登録する必要のあるものに貼ってもらってます。
まだまだやることいっぱい。
覚える事もいっぱい。

一緒にお祝いのお花もいただきました。
1203.JPG
プリザーブドフラワー
可愛らしいのでさっそく玄関に置きました。

最後に鍵を受け取り、引き渡しの式は完了。
重ねてお礼を伝えて、お見送り。

そういえば、お世話になった皆さん一同と一緒に写真を撮ってもらおうとしていたのを忘れてしまいました。
ああぁ。悔やまれます。


見送ったと同時に、家づくりの大変さからやっと解放された気持ちでドッと疲れが出ました。
きっと住み始めたら、一息つけるよ。
まずは引っ越しを済ませないと。

ジワジワ新居に住めるという実感が湧くまで、もう少しかかりそうでした。
posted by ゆふ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 完成まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

アレルギー持ちさんの入居は最低1ヵ月待つべし!


引き渡し時期について。
すでにほとんど完成していた我が家ですが、間にお盆休みが入って、その後最終確認、クリーニングを経ての引き渡しとなり、2週間ちょっと間延びした感じになりました。

でも、たまたまこんなスケジュールだった事が、私たちにとっては幸いでした。
なぜかというと、

私たちの一番気になっていた、新居でのアレルギー症状です。


工務店さんには、建材や他にも色々と気を遣っていただいたにもかかわらず、やっぱり完成間際の新居で何も感じなかったわけではありませんでした。

一番心配していたのはユニットバス

0904.JPG

施工直後から頭痛がする位、すごい臭い。目がチカチカする。吐き気がする。
接着剤・コーキングの揮発成分かと思います。
特に夏場の湿気が酷い時期だったせいもあるかなと。

化学物質に敏感な私たちにとって、ユニットバスは一番覚悟はしていても、かといってフルオーダーにする勇気も懐具合も無く…考えていた対策は換気くらいでした。

とりあえず工事中は、大工さんに頼んでお風呂場の扉を少し開けておいたままにしてもらえましたが…

もちろん、現場監督さんにも問い合わせました。
とりあえず可能なことは、入居までずっと24時間換気を回し続けること。
揮発性なので、いずれ薄れていくはず。
やはり、それしか対応はできないとのこと。

それが、引き渡しの時期にもまだ残っていました。
でも、段々と臭いが取れてきているような感じだったので、望みを託し…

引き渡しから更に2週間ほど経ってからの引っ越し時には、ほぼ消えていました


もう、引っ越し時に入れない程だったら、毎日銭湯に通うしかない!(最近はなかなか見かけませんが…)
…と覚悟していたので、ほっとしました。

新居の臭いについては、他にも水場(脱衣所・トイレ)の壁紙がビニールクロスだったので、ここも引っ越し前まで懸念していましたが、共に排気口がある場所だったせいか、同じく消えていました。

しっかりと計画していただいた24時間換気様々です。

同じように悩まれている方は、

1、特に排気口のある場所以外は、極力問題のある化学物質の素材を抑えて作ってもらい
2、引き渡しから引っ越しまでの期間を換気つけっぱなしにしておき
3、入居まで最低1ヵ月は間を開けること

をお勧めします。
その間は、新居の支払いと現在住んでいるところと2重に金銭負担がかかりますが、住んでみて無理!やアレルギー発症…となるよりは、明らかに良いはずです。

また、ユニットバスに不安があり、金額面でも多少こだわれる方は、壁面をタイル、浴槽をホーロー等フルオーダーにするとよいかもしれません。

(そういえば、注文住宅ブログでキッチンや洗面の造作は良く見かけるけれど、お風呂はなかなかみませんね。
なんででしょう?)

また、設備機器でいえばシステムキッチンも入りますが、我が家はステンレスと無垢の面材を使ったメーカー(ウッドワン)で対応しました。
けれど、同メーカーの食器棚は、引き渡し後もしばらく臭ったため、扉や引き出しは引っ越し後もしばらく全開にしておきました。

あとは、よく「無垢であれば安心」と聞きますが、無垢だから全面的に良いという訳ではなく、臭いの強いもの(ヒノキ等、殺菌効果の強いもの)の木材なども原因になることがあります。
室内に使う木材は、極力臭いのないものを選ぶのも手かと思います。

入居後に入れる家具やカーテンも要注意です。
折角気を遣った家を建ててもらっても、合板などの安い家具で症状がでることもあります。
うちの場合はカーテンで失敗しました。
入居後しばらくリビングのカーテンの化学物質の臭いで、辛かったです。(今は大丈夫です)

せめて遮光を気にしなくても良いリビングなどは、リネンなどのナチュラルな素材にすれば良かった!
ホコリ・ダニ対策用に、カーテンはジャブジャブ洗えて丈夫で形崩れ崩れしにくいもの…としか頭にありませんでした。

アレルギーをお持ちでこれからカーテンを選ばれる方も、ちょっと気にしてみると良いと思います。


ふう…
アレルギー持ちの建てた注文住宅ブログでしたが…
このブログとしては、実は今回の記事が一番お伝えしたかった事だったのかもしれません
書いていて、ちょっとそんな気がしました。

次回からは、引き渡し→引っ越し→WEB内覧会の順に書いていく予定です。
よろしければ、もうちょっとお付き合いください。
posted by ゆふ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 完成まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

引き渡しでした!その2



洗面所の壁一面に貼ってもらったタイル。
当初は鏡(施主支給)より下部分のみの予定でした。

0829.JPG

******

やっとの引き渡し。
ここまで、色々ありました。

他の注文住宅・新築ブロガーさんが書いておられる
ように、実際、色々ありました…


基本、着工し始めてからの仕様変更は無いはずなの
ですが、私たちのあと出し仕様変更だとか、工務店
さんの間違い・訂正だとか…

完成された新築をポーンとよこしてくれる建売住宅
にはない苦労も、今となっては良い思い出ですね…


ざっと思い出せるだけでも書き出してみます。


☆1階

◎玄関の上がり框(かまち)と床の段差を直してもらう

◎玄関手すりを施主支給から工務店による注文へ変更
(施主支給でも値段あまり変わらず、だったので)

◎1階洗面前の、壁の鏡下部分のみのタイルを、天井まで
壁一面施工に変更(工務店さんのサービス!

◎玄関横のステンドグラスの設置場所を微調整・以前より
大きいサイズのものに変更

◎輸入紙クロスの施工費の見積もりが高くて部分的に変更
(珪藻土クロスへ)

◎壁クロス施工直前に、選んでいた型番の廃版が発生
(変更ついでに他の壁紙も色々変更)

◎キッチン棚のゴミ置き場スペース確保へ変更

◎キッチン棚スイッチを「こまめにスイッチ」に変更
(エコ!)

◎キッチン横の勝手口の扉の外に屋根設置

◎リビング脇のスイッチ群に「スイッチニッチ」を
設置してもらう(すっきり!)

☆2階

◎寝室のカーテンボックスサイズを変更
(前回のブログ参照)

◎造作の内窓の扉、蝶番がない!(現場監督さんに発注してもらう)

◎書斎の天井の壁紙が間違って貼られてた(やり直し)

◎吹き抜け天井の凸凹が気になり、壁紙を剥がし下地からやり直し
してもらう

◎脱衣所の照明は施主支給予定だったはずが、打ち合わせ当初の品を
とりつけられてた(誤発注のため返品)

☆外側

◎外壁の材料が予定より足りずに追加発注(費用には含まれず)

◎玄関ポーチ天井の色が気に入らず変更してもらう

◎2灯ポーチライトを予算の都合上、お安めの品に変更


そして一番大きな訂正箇所が…

瓦屋根の配色が変更前のものに施工されてた
(営業さんが発見して、至急、全部やり直し!


どうでしょう、この数!(ドヤ顔  )
※ここまで長文お読みいただきありがとうございます

(その他にも、変更したくても、すでに発注がかかってて
断念したり、金額的に無理だったりして涙を飲んだものも。)


主な原因は、打ち合わせの短い間でしっかり検討しきれなかった、
あるいは、細かい項目まで検討し忘れた結果。

あとは、打ち合わせの最中で変更したところが、仕様書には反映
されず、それに私たちも工務店さんも気付けなかった事
、ですね。


打ち合わせ時、決めていく項目が多くて、その時はOKしても、後々再考して
変更をお願いする事も多いと思います。
あとは、こちらが提案した事を施工会社サイドが取りこぼす事も
あると思うんです。

その両サイドがポロポロ取りこぼした事を、何とかお互い見直し見繕い、
時にお願いし、無慈悲に修正させたりして、完成にいたったという感じかなぁ…

まだ入居していないので、今後も何か取りこぼしポイントが
見つかるかもしれません。

後悔ポイントも出てくることでしょう。


でも、それもご愛嬌と今は思っています。
入居は来月中旬になるけれど、やり遂げた感いっぱいです。
おなかいっぱい。入居が本当に楽しみ♪


あとは…致命的なミスが出てこないことを祈ってます。
お願い神様!


次回からは、そんな打ち合わせの経緯を書いていきますよ☆



posted by ゆふ at 15:30| Comment(0) | 完成まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする