2016年07月27日

注文住宅で建てよう。まで

きっかけは何気なく見に行った建売住宅でした。

経緯をざっと追ってみます。

現在の住まいに近い場所で賃貸ではなく家を買おう!

マンションは管理費や駐車場代がずっとかかるのがイヤ!
土地も自分のものにはならないし。
(※旦那さん意見)

戸建ては新築だと多分色んな問題あって難しいし、
一から建てるなんて気力も財力もないよね。
(※夫婦の意見)

中古だと手頃な家を、ちょっと健康に気を遣った建材
使ってリフォームすればいいかな?

お手頃な物件が見つからず…

ひょっとしたら建売住宅でも住めるような物件が
あるかもしれない?

…と近場の物件を見に行きだして何件目かで。

南欧風で漆喰を使って建てた建売分譲住宅を発見しました。
最近はこんなオシャレな建売があるのね?!と目から鱗。
内見すると漆喰壁のせいか臭いもなく、天然木・無垢の床
使っていたりと、自然な内装。
夫婦で気に入って検討を始めたのですが、肝心の立地が微妙で
ここ!と気に入ったものが決まらない。

けれども、この建売をヒントに色々何とか自分たちである程度
希望の場所に建てられないか、ヒントをもらったような気がしました。

続きます。

posted by ゆふ at 17:00| Comment(0) | 注文住宅に決めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

実現できなかったこと

r.jpg

断熱材は家を建てようと決めて調べて、今のところ
納得したものになっています。

…が、どんなものでもそうですが、希望したものが
全て形にできるものではありませんよね。

新しい家を建てようと色々見聞きしていていいな♪
と思ったもので当初他に挙げていたけれど、
結局実現しなかったものをちょっとご紹介。

健康を気にして採用予定だったもの

◎外張り断熱工法
◎天然乾燥木材・国内産木材
◎漆喰壁
◎防蟻剤に木炭塗料かホウ酸

その他のデザインなど
◎アールの垂れ壁
◎外壁に積みレンガ
◎モール

この位かな?

どうして実現できなかったのか。
それは…

出会った建築会社さんとの相性(とりわけ
ちょっと気難しい旦那さんと)
が大きいかな?

もちろん、予算内で不可能だったものもありますが。

次回からは、施工会社さんを決めていく経緯を
思い出しながら書いていこうかと思います。

相性、大事ですね〜…

posted by ゆふ at 20:13| Comment(0) | 注文住宅に決めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

新居を探す基準

アレルギー持ち、とありますが、人によって程度が
全然違いますよね。
参考までに我が家の場合をご紹介。


◎旦那さん かつて新築マンションで症状が出て以来、
      皮膚疾患・金属アレルギー等あり。
◎私(妻) 幼少時から気管支疾患や皮膚疾患あり。
      現在でも新築の家を見に行ったりすると、
      目がチカチカ、鼻がズビズビ、頭痛・吐き気がすること多し。



当初、新居を探す際に最も気にしていたのは、
シックハウス症候群の主な原因とされているVOC(揮発性有機化合物)、
その代表のホルムアルデヒドの値
でした。

建売の家や建材の広告等でもよく見ることが多いかと思います。
(F☆☆☆☆)…読み方は「エフ・フォースター」

この等級区分は建築基準法の『規制対象外』となっています。
私たちも色んな新築(戸建て建売、新築注文住宅)を見てきましたが、
その基準は、症状のある人には、はっきり言って当てになりません。

各業者さんによって回答は様々でしたが、まず化学物質は規制対象の
ホルムアルデヒド以外でも様々な物質があるということ。
建材や内装材に気を遣っているとよいう業者さんももちろんありますが、
多数の建築会社では、その症状への主な対策としては『24時間換気が義務づけ
られているので、だんだんと発散量も抑えられますよ
』という趣旨の回答でした。

実際、中古の建物の場合は、年数に限らずある程度空気が循環していたせいか、
ほとんど困るような症状はでませんでした。
(ちなみに家具も同じく、F☆☆☆☆とあっても新しいものは注意です)


posted by ゆふ at 12:23| Comment(0) | 注文住宅に決めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする