2017年12月30日

ホコリが気になる人の家造りのススメ【その2】


ゆふです。
年末ですね。大掃除は終わりましたか?

前回の記事で、1番ホコリがたまって掃除が面倒なのが、2階吹き抜けホールだと書きました。

今日は我が家のその2階ホールの下、キッチンについてです。

*****

キッチンのホコリ。
年末の大掃除でよく悩みの種になる代表格。

理由は、油と水分でホコリがこびりつきやすいこと。
調理中の油はね・湯気、シンクで洗い物をしたあとの水はね・湿気と、ホコリが合体したらも〜、厄介なものばかり。


*****

なので、キッチンは、ここだけはせめて『見せる収納』にしないほうがいい気がします。
掃除好き・きれい好きさんではなく、お掃除面倒くさがりさんに向けて…ですが。

物をちょっと出しておいただけでも、気が付けばベトっとしたホコリを被りやすいキッチン。

外国で壁面にお皿やフライパンをたくさん飾っていたりするインテリア、あれは油を使って炒め物をするよりオーブンで調理する文化だから、とか、日本のような夏のじっとりとした湿気のない国のインテリアだからなんだろうな〜と思ってます。

私もそんなインテリアには憧れますが、この面倒くさがりな性格上、そう思ってあきらめてます。


何度も言いますが、油分や湿気とホコリの相性ったらもう…ね!

うちは食器棚、収納にはもちろん扉をつけて、ホコリを被らないようにしていますが、もっと良く考えたら、キッチン家電製品の棚にも扉をつける位にしても良かったかも。
意外に家電製品の上や下にもホコリって溜まりやすいですね。


極めつけは、対面キッチン。

ここの、特にカウンターのホコリが目立ちます。

なので、面倒くさがりの私も、カウンターは毎晩乾拭きしています。
それでも、毎回ちょっと湿った感じのホコリが取れるんですよね〜。(特に夏場)うぅむ…

よく、コンロの前に油跳ねよけのガラスを貼ったり、そこだけ壁で隠したりして汚れを遮る工夫をした施工を見ますが、もう、思い切ってカウンターに、全面ガラス貼り!でもいいのでは…

って思ってしまうのは私だけかしら?

事例を探してみると…
こんなのありました。

そうそう、イメージしてたのはこんな感じ。
kitchin1.jpg

さらにおしゃれなガラス張りだと、こんなのとか。
kitchin2.jpg

もう、お店のようですね。うっとり…
kitchin3.jpg
(画像は三つともお借りしました)

次回リフォームする時に提案してみよう。そうしよう。(いつの話やら〜)

そもそも対面キッチンにした段階で、ある程度キッチンの汚れや臭い・音問題もデメリットであるとは知っていたけれど。

うちの間取りだと、キッチンを個室にしてしまうと、すごく暗くなってしまうのよね〜。


そんな悩みを抱えつつ、ふと2階吹き抜けから下をのぞき込んで見ると…

290310f.JPG
キッチンカウンターは、ホコリっぽい2階ホールの真下!


も…もしや、このホコリは2階から降ってきたものではないか。

ビンゴでしょうか…

まぁ、そんな疑念に駆られながら、毎晩カウンターを拭き拭きするのです。



吹き抜けのあるこの間取りにしたのは、私の希望。

吹き抜けのある、リビングを見渡せる明るいキッチン、これを叶えておいたんだから、色々不満も出てくるのも、まぁしょうがないっちゃあしょうがない…のかな?

posted by ゆふ at 17:34| Comment(0) | 注文住宅に決めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

外構計画6 緑の生け垣を作りたいけれど…


こんにちは、ゆふです。
皆さんのお家には、お庭に何を植えていますか?

植樹について、今年の春くらいからウンウン悩んでます。
…というのも、
目隠し用の木・生け垣が決まらない!!

何を今更、あんな狭い庭に悩むことがあるんじゃいー!
と思われますが。

狭い庭だからこそ、いかに厳選して植えたい木を植えるか、悩むんですよ!!

生垣というと〜…

〇洋風…コニファーなどの針葉樹
〇昔からの庭木…マサキ、ツゲ類
〇他…レッドロビン、サツキ、ツツジ、アベリア等

が、よく見られますね。
一般的に剪定が楽で、そんなに虫に悩まされず管理の楽な木、でしょうか。
(私の少ない植木知識でお送りしております)


ちなみに、何度も使い倒したお庭の図。
290619a.jpg

ここに書き込んだ通り、ピンク色の部分はすでに外構業者さんによって植えていただいたり、小さな苗を買って植えてあったりします。
それ以外の緑色の部分を覆いたい。樹高が中程度の常緑樹で覆いたい。

洋風のお家の合うのはコニファー、アベリア辺り?

でもちょっと待って。
そもそも私の庭木の希望は…?



小さい庭でも春夏秋冬を感じさせる木が欲しい(けど、あまり大きくならないでほしい)

生け垣の他に、希望している四季の木はというと、

〇春…小さな花々やシンボルツリーのヤマボウシも花が咲く
〇梅雨〜夏…アジサイ
〇秋…ハギ
〇冬〜春…ロウバイ

等を検討中なんです。家は洋風だけど、実は庭は昔から見る馴染みのある木を植えたいなと…妄想中。

そうすると、コニファー辺りにするとあまり上に書いた四季の木とは似合いそうにないかも。


以前、外構業者さんに相談した際には、やはり今、一部に植えて頂いているトキワマンサクが良いのではないかなと言われました。赤い色のはすでに植えてあるので、他の木にも興味があったのだけど。

という事で、我が家の生け垣案、トキワマンサク(白)になるかな?
夏が去って、気候の良い頃にまでは決定したいと思っています。

おすすめの生け垣があれば教えて下さい


次回は、家に話題が戻ります。新築3ヶ月点検後についてになります!




 

posted by ゆふ at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 注文住宅に決めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

片っ端から資料お取り寄せ☆

brick-house.jpg

続きです。

とにかく注文住宅で建てる!
そう改めて焦点を定めた私たち。

高そうだから、難しそうだから、
そんなことは考えずに、手当たり次第
大手ハウスメーカーから工務店、そして
建築事務所まで
、目についたところから
資料請求を始めました。

当然、じゃんじゃん資料が郵送で届く、
メールも来る、電話も鳴る。

初めて住宅展示場も見に行きました。

なんなのあの夢のお城!?
あんな大きな邸宅ばっかり見ても
参考になるようなならないような…

しかも、見に入ったらしつこく色々
聞かれる言われる書かされる。
営業さんの名刺も渡される。
でも、一度にそのメーカーの特色が
わかるので、構造やその会社の売りを
よく見ることができました。
まぁ、見るのは一日で3、4社位が限度
だったかな...?(へとへとになるよ〜)

あ、風船やお土産ももらえたりするよ。
個人情報と引き換えだけれどね

ちなみに気軽に住宅展示場に見に行きたい方は、
もう設計中なんだけど、内装の参考にさせて
ほしいので、ちょっと見せて
」というと、
特にしつこくされず気軽に見学できる、と読んでいた本に
ありました。
実際、似たような一言で気楽に見れたことがあります。
ご参考までに。

ん?ちょっと待てよ…
総予算が足りないというのに何故に
ハウスメーカーか?という方のために。

それは…旦那さんの意向になります。

色んな資料を請求して、不安になったらしく。
「この会社…資本金がこんなに少ない!
こんな小さな会社じゃもし建築中に潰れたらどうするの!」

え〜〜〜?それって就職活動ですか?

でも、大きなお金をかけて一生の家を造ってもらうリスク。
確かに不安はあります。

確かにハウスメーカーでも、ある程度コスパを考えた標準価格
納得できる家を建てられるかもしれない。
お城のような展示場を見たあと、数社に絞って実際に建てたてホヤホヤ
注文住宅を見せていただくことになりました。

つづく。
posted by ゆふ at 16:19| Comment(0) | 注文住宅に決めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする