2017年07月03日

【引渡し後の点検補修1】施工に問題ありませんか?


こんにちは、ゆふです。

注文住宅で家を建てたら、定期的に点検補修をする施工会社、多いと思います。
しない所もあるのかな?


ジューテックホームさんでは建てた後、3ヶ月点検、1年点検…とアフターサービスがありますが…

うちは家が建ってもう、3ヵ月点検どころかもうすぐ10ヵ月になります。

いや、ちゃんと3ヵ月点検自体は昨年の12月に終えたので、問題ないです。
ですが、実際に床などを補修の際には薬剤を使います。
私たちの場合は、臭いや揮発成物質の事を考慮してもらい、窓を開け放って空気の入れ替えが早く済む時期に行ってもらう事になっていました。だから、間を空けてようやく補修作業、なのです。



さてさて。
今回、予め私たちがチェックしておいたのは…

◎床や建具のキズのある箇所に、目印として養生テープを貼っておく。
◎壁紙の角のひび割れも結構あるので、チェック。
◎床のギシギシ鳴る箇所も、合わせてチェック。
◎ドアのストッパーが壊れている(3ヵ月点検時にも直してもらったのですがまた壊れ…)

床のキズはダイニングテーブルの周りやソファの前など、長く滞在する箇所に多くついてました。


そんな中でも今回、私たちの一番の心配は…


玄関脇下の目視できる位のズレ。
これ、土台水切りというようです。↓外壁通気工法には必要な部分。

290703a.JPG
斜めってますね…

この状態で、気密性や雨の吹き込みは、大丈夫なのか。
白アリなんかの虫は防げるのか。
まったくもって素人考えだけれど、心配で。。。

3ヵ月点検の際には、監督さん曰く、「ここは直すとすると、かなり大がかりになって、大変かもしれない」とだけ。

今まで、特に大きな欠陥も無く安心して住み始めた我が家ですが、ここだけはその後も、私たちの心配の種。


改めて点検補修に来ていただいた現場監督さんに診ていただきます…
うーん…

きゃっ!!お…お尻?
現場監督Sさんの後ろに忍び寄る盗撮魔の影が…

逃げて!!
290703b.JPG
(旦那さん撮影です。私が撮ったのではなく旦那さんなので、苦情はそちらへ〜!)


結果、そこまで大がかりな事も無く、こんな感じに直してもらいました。

290703c.JPG


黒い部分が斜めにちょっと残ってしまってます。
わかりにくい方のために、矢印つき。
290703d.JPG


「土台のモルタル部分は問題ないから特に直す必要無かった。だから曲がってる金属部分だけ押し込めたけど、端っこの黒い部分だけ、残ってしまった。これ以上は、難しいので勘弁して」とのこと。
要するに、下から覗き込んだ時の見栄えだけが問題ってことでしょうか。


とりあえず、旦那さん、ちょっとご不満な様子。

旦「やっぱり、これ気になるかなぁ」
うーん、どうでしょう…?


もうちょっと続きます。

posted by ゆふ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 住んでみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック