2017年06月06日

外構計画4 レンガを敷くための土台 〜ひたすら穴掘り☆〜


こんにちは、ゆふです。
庭にレンガ敷きの小道を作るためには、どうするのか。
何が必要か。

そこで今のご時世、ネットで検索、検索〜。
便利な世の中です。



まずは、レンガ敷きの土台に必要な…

・砕石(隙間を埋め地盤を固定させる)
・砂(レンガを水平に置けるよう調整する)

どの位敷く必要があるかというと。
こんな感じ。↓
tuti.jpg
(私は最初、不必要に20センチも掘ってしまいましたが… ※後述参照)


そして…

・お気に入りのレンガ!


更に、作業用に必要な…

・シャベル
・水平器
・デッキブラシ
・ゴムハンマー

シャベルとデッキブラシ、ゴムハンマーは持っていたので、それ以外の物を、近くのホームセンターで購入しました。
いや、ホームセンター様様ですね。砕石を買い足しに何度も通ったので…


駐車場などのしっかりとした土台にはモルタルが必要らしいですが、ちょっと家族が通る位の小道なので、そこまでしないでも良いかなと。


さて、何回も使いまわししてますが、図面。
290531c.JPG

ここを、掘って〜掘って〜掘りました。
290605a.JPG

反対から見ると
290605b.JPG

この時点では、ネットで調べたメモを参考にに20センチも掘ってしまい、砕石が足しても足しても足らずに、悩んで作業中断していたんですよ…

そんな中、たまたま用事で来られたM工業さん(外構業者の方)に、「そんなに掘らなくても大丈夫だよ・笑」と言われたので、土を戻しました(今までの土掘りは何だったんじゃ〜!)

だって20センチの穴を埋めるのに、砕石9袋も使ってしまって。
いやいや、ここまで頑丈にしなくてもいいんじゃないかなーって迷っていたところに来ていただいたので、本当に感謝です。やっぱり、ネットよりもプロの意見です!

そんなこんなで、改めて、砕石を流し込みました。
290605c.JPG

え?普通は面積からざっと何袋必要になるか計算とかしないかって?

…ですよね。いやはや、DIYって計算大事☆うふ

続きます。


posted by ゆふ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 外構・庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっらい気合の入った穴ですね。素敵です(^^)
Posted by ケロ at 2017年06月07日 21:16
>ケロさん

ほんと、気合い入り過ぎて、穴掘りしただけでヘロヘロでしたよ〜!へたれですよ…
Posted by ゆふ at 2017年06月09日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450587077

この記事へのトラックバック