2016年11月25日

ギリギリの仕様変更 キッチンその2


ギリギリの仕様変更の続きになります。
前回はキッチン・シンクの変更でしたが、もう1つキッチンの配置で悩んでいました。
※お食事中の方、ご注意下さい。

それは、ゴミ箱の位置です。
gomi.jpg


最近よく見かける、シンク下に空間を作ってゴミ箱を置くという案は一瞬浮かびましたが、キッチンの収納面積の限られている我が家では難しく…
(しかもシンク横にはどーんとミーレ様が鎮座)

ちなみに、問題のキッチンの配置です。
ジャジャーン。
kitchin.png

ごく普通ーの、よく見かける配置ですね。
面白くもなんともない間取りですみません(´・ω・`)ショボーン
(※旦那さんから間取り図のブログ公開の許可が下りず、メモ程度にエクセルで作成。)

向かって左側の収納の手前は、リビングと玄関をつなぐ廊下との通路になっています。
右側は勝手口につながります。


打ち合わせでICさんに相談した時は、「コンロの後ろ(勝手口内側)でいいんじゃない?」という事になっていたのですが…
kitchin2.png
よくよく考えると、コンロ前に立っているとすぐ後ろにゴミ箱、というのも何かと邪魔。

そもそも勝手口をつけたのは、夏場などちょっと臭いのキツい時期に、生ゴミを外に出して管理しようと設定したのです。
なので、勝手口の外側にはゴミ箱を置けるスペース(庇つき)もあります。
でも、生ごみを毎回分、袋単位で口を固く閉じても、2人暮らしの我が家。
わざわざ外に収集日まで仮置きする程の量でもなく。
(燃えるゴミは週2です)

他にも、プラスチックや紙ごみ、ペットボトルや缶ビン牛乳パックなど分別ごみは当初、「左側の収納でいいじゃない?」という事だったのですが、キッチンに立ってると結構な回数でゴミ箱の蓋を開けます。
特にかさばるプラスチックゴミは、ハサミでチョキチョキ細かくしながらポイっと。


それをいちいち左側の収納まで持っていくのも面倒くさい。
以前の賃貸住宅では、くるっと回れ右一歩!でゴミ置き場に足かけて蓋開いてポン、だったので。
前よりも少しは広くなったキッチンなのに、狭かったころのほうが便利だったとは!
まぁ何という贅沢な悩み!


という考えが、グルグル回ってしまい、シンクと同じタイミングでギリギリに仕様変更をかけました。
もう少しで、作成してしまう所だったらしく、変更期限セーフでした。

食器戸棚の一番右下(コンロの反対)の収納扉を無くしてもらって、そこに入れてしまえと。
kitchin3.png

でも、お願いはしたものの、収納下に、特に生ごみはどうなんだ!とまたグルグルしました。
不潔、とはいかずとも、臭いが上の食器棚に行かないか?

そこでハッと気づきが。
前の賃貸は、夏は暑く冬は寒いので、夏場はゴミ箱の中の生ごみ臭が、フレッシュ?な昨日の分でも、正直言ってきつかった。
でも、新築は夏涼しく冬暖かい家。

そこまで、生ごみの臭いに敏感にならなくてもいいんじゃないかなと。


…と、自分に言い聞かせてみました!
どちらにしろ、勝手口通路の前は冬も床暖房があるので、年間通してここ(食器棚下)でいいかと。

9月後半に入居し始めましたが、特に臭いが気になることはなかったので、あとは来年の真夏はどうなるか。
まだちょっと様子見のゴミ箱収納、悩んだ末の微妙な変更でした。


…というか、そもそも、勝手口をつけずに壁一面収納にすればよかったんじゃぁ…
勝手口要らなかったかな〜?(´・ω・`)ショボーン

posted by ゆふ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444328513

この記事へのトラックバック