2016年11月17日

気難しい?造作の大工さん 現場工事9


大工さんのイメージは職人気質で気難しい感じ。
1117a.JPG

注文住宅となると、施主は小まめに現場に顔を出し、差し入れし、良い仕事をしてもらえるようにすること、いわゆるコミュニケーションは大事かな、と思っておりました。

そんな中、現場監督さんに紹介された造作工事担当の大工さんは、ちょっと話した感じ、頑固な”気難しい”イメージそのものなおじ様。

しかも、うちの現場での造作工事は、ほぼその方一人が作業します。
心配になりました…


というのも、初対面の挨拶もそこそこ、
造作大工さん(以降、造)
「この家、他所より造作するトコ多いンだよ。この階段のところ、穴あけるなんて必要なの?」

( ゚д゚)( ゚д゚)ポポカーン
私たち夫婦「……(どうしよう…ケンカ売られてる?…)」

すかさず、
私「階段に物を飾ったりしたいんですよ。凝った造作のあるオシャレな家にしたいんですよ。」

造「ふぅん」(しかめっ面)


けれどもそこは年上と仲良くなるのが得意科目な私。
毎週末、めげずに差し入れを渡しに声を掛け、「暑い中お疲れ様です」と気を遣い(工事は夏でした)ついに…

普通に世間話ができる仲になったのです!


嫌がられるのを覚悟でじぃっと観察していると、技量が直に伝わりました。
小さな体でひょいひょいと迅速・丁寧に作業する様を見て、自分たちの家をこの方に作ってもらっているんだ、という感動をひしひしと感じました。尊敬できるような腕前でした。


吹き抜けの手すり。
1117b.JPG

親柱を固定している最中でしょうか?
1117c.JPG

高くて怖いねと言っていた書斎吹き抜け上の巾木も、8角形窓枠も、丁寧に施工していただきました。
1117d.JPG

ちなみに、息子さんも同じ職業だけど、同じ現場だと喧嘩になるから絶対一緒には仕事しないとか。

やっぱり気難しそう

キンキンに冷えた栄養ドリンクを渡すと、「あー、仕事した後は美味いね」と言ってにっこり笑っていただけた事は忘れられません。


(あら、旦那さんはちょっと蚊帳の外…?)
ラベル:造作工事
posted by ゆふ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック