2016年09月09日

提案少ない? 打ち合わせの不満


やりたかった事の一つ、アイアン&おしゃれな装飾の手すり。
&ウォールナットの無垢床

(写真は吹き抜け作業用のパイプ足場が組んであります)
0904-2.JPG

******

打ち合わせでこちらの要望を元にした間取りを
調整して決めて行き、窓の大きさ・種類も1回の
打ち合わせで3時間位がっつりとかけてようやく
決めて、さぁ、次は!

…という段階にきて、わたくし、不満が。


建築士さんからパンチのある提案がない…

私たちの漠然とした要望を聞いて、何か、これ!
という家づくりのウキウキ感が湧くようなアドバイス
なり、過去の事例の紹介なりが、無いんです。


私は当時、人様のブログやサイトや雑誌等は全然
拝見していませんでした。
色んなモデルハウスや建売戸建ての事例は、直に
見てきたけれど、この計画中の家で何ができるのか
何が不向きなのか、イメージは沢山あったけれど、
家づくりに関する情報は少なかったんです。


何せきっかけは「アレルギー症状の出ないような、
でも等身大の普通の家」だったもので。


契約中の工務店さんの得意分野はありました。

それは、ザ・北欧住宅系(はやりだから?)
でも輸入住宅メーカーではなく、あくまでも日本の
メーカーを建ててきた経験から、なんでもやるよ?
的な感じで、メーカーにはない自由さがそもそも売りで
ある工務店で、私たちもその自由度の高さを買った
側面もありました。

でも、個性がないというか、ナチュラルで良いというか。
会社自体の売りを押してこない代わりに、難なく
打ち合わせが進めば、本当に無難な家になりそうな…


ようするに、

せっかく注文住宅にしたんだから、もっと欲を出したい!
なんかおしゃれな提案はないの?



で、こっそり営業さんにクレームメールしてしまいました。


いやね、もう全面、窓を格子窓でお願いしたり、ず〜っと
レンガレンガタイルタイル!アール、ニッチ塗り壁〜っ!
て言ってたので、てっきり伝わってたものとばかり思って
たのだけれど。

よく他の注文住宅ブロガーさんがやっておられるように、
計画書・要望書みたいなものを、もっと最初にしっかり
手元に残る形で伝えておかなかったこちらにも非があった
のかもなぁと。


具体的には、素朴な北欧系よりも南欧や西欧ちっくな
作りにしたかったんですね。


なぁんだと思われる方もいそうですが、このもやもやを
一人抱えて、当時は胃痛あったり泣きそうになったりね…


とりあえず営業さんにはお願いしました。


この家に…ステンドグラスははめられますか??(涙)



つづきますよ〜

posted by ゆふ at 16:01| Comment(0) | 打ち合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: