2017年08月23日

新居一年目、夏事情 【全館空調には敵わない?】


こんにちは、ゆふです。

夏もそろそろ終わりですが、おうちは快適でしょうか?

今回は、【家の断熱材重視、吹き抜けリビング階段あり】の我が家の夏の居心地について、まとめたいと思います。

290113d.JPG


その前に、比較対象として賃貸住まいのアパート時の夏の不満点を…


◎帰宅時、玄関開けたらムッとする位蒸し暑い。

◎半日不在にするだけでも家の中に熱気がこもる。

◎窓際の温度が高い。

◎生ごみ用のゴミ箱の臭いが恐怖…

とにかく、エアコンフル稼働でなければ乗り切れない位暑かったです。



そんな不満点もあって、家を新たに作る際には

窓や断熱材、遮熱効果にこだわった高気密高断熱な造りに力点を置く施工会社を選びました。
(まぁ、一番の理由はアレルギー対策ですが…)


ここで簡単に我が家の断熱等のスペックをご紹介。

断熱材…アイシネン
窓…トリプル樹脂サッシ
換気の種類…第3種換気(給気=給気口 排気=ファン)



冬のエアコンの暖気は上へ逃げる、と言いますが、反対に夏のエアコンの涼しい空気は下に留まり続けます。

更に、シーリングファンの効果も相まって、リビングのある1階全体は常に涼しく、賃貸時代のようなムっとした熱気がこもることは無くなりました。


では2階はどうでしょう?

我が家の2階には寝室や書斎、脱衣所、バスルームなどがあります。
第1種換気ならどの階のどの部屋にも同じような室温、湿度になるようですが、うちのように第3種の場合、はっきり言って1階よりは暑いです

リビングに居るときほど滞留時間やエアコン稼働率が低いせいもありますが、朝起きて1階に行く階段の途中で温度が明らかに下がります。(1階のエアコンは寝る前に消してます。)

もう、これについては、多分、全館冷暖房可能な第1種換気の家には勝てない気がします。


クローゼットもきっちり扉をつけているため、定期的に開けて風を通しています。
それでも、熱はこもります。湿気対策は必要。


あと、地味にストレスなのは脱衣所。
お風呂上りにドライヤーで髪を乾かす際には、近くに扇風機おいてます。じゃないと、汗まみれになってお風呂に入った意味がない!(我が家は真夏もお風呂です…もしやそれも暑さの原因?)

290405b.JPG

メイクやドライヤーや家事と、意外に1日の内必ず出入りする場所なだけに、未だに後悔…

なぜ脱衣所にエアコン入れなかったの〜〜!!


狭いからと後回しになりがちなこの場所の夏冬の気温事情、もうちょっと考えれば良かったかな?


じゃあ、今だったらどう設計する?

…と考えると、

◎リビングのエアコンは吹き抜け上部につけて、更にメンテナンス用の足場を確保
(2階にもエアコン効果が行き渡るかな)

あとは、
◎2階の熱気がこもりそうな場所の対策を考える
かもしれません。

例えば、クローゼット内の空気を回すようにするとか、脱衣所にエアコンをつけて、ついでに天井付近だけ、トイレと空間を繋げるとか。
だって、トイレって長居すると汗だくになりません?

え、私だけ?


部屋やホールは大体開け放しているせいか、そこまで暑さを感じないけれど、戸が必要な箇所には、ちょっと工夫した方が良さそう。前にも書いたけど、ルーバー扉とか…


繰り返しますが、1階リビングは快適です。
エアコンを入れても、気温設定は28.5か29度。
更に屋根裏部屋でも、屋根下の遮熱性のある断熱材のおかげで、以前の賃貸よりも暑くない。
断熱材にこだわると省エネ・節電になるのは、冬も夏も同じなようです。

もう脱衣所エアコン入れようかな!(誰かさん、絶対反対するだろうなぁ…)
posted by ゆふ at 22:39| Comment(2) | 住んでみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

【食洗機レビュー】ミーレを使用してみて


こんにちは。ゆふです。
住んでみてもうすぐ1年。色々と思う事が出てきました。

今回は、主婦のお宝、食洗器ミーレについて。
0920.jpg

旅行や外食した日などを除いてほぼほぼ100%毎日稼働してます。

夫婦2人。朝、晩。休日は昼食の分のお皿も。
流石に三食続くとお箸やキッチンツールは洗わないとですが、45cm幅モデルでも結構入ります。


『これでキッチンでは手洗い用のゴム手袋とはおさらばできる?』

最初はそう期待していましたが、当たり前だけれど調理で使ったかさばるボウルやアルミ製のバット、そして肝心なのが、毎日のシンクのお掃除にゴム手袋は外せません。ちょっとしたモノなら手洗い。なるべく手に優しい洗剤で。

そんなこんなで、使ってみての発見を。

NGなもの。

◎アルミ製。
バットは…変色しました。触感もザラザラに。
アルミ製の鍋も変色しますね…。
くすんだアルミのミルクパンは、もうあきらめて毎日放り込んでしまってます。

◎魔法瓶の水筒。
外側の塗装がボロボロになりますね。
蓋やパッキンだけ放り込んで、あとは手洗いです。

◎プラスチック容器のタッパー。
蓋がちょっとゆがんだりしています。
また、油がついていると、普通のお皿よりも落ちにくい!
(でも、面倒くさいから入れてる…)

◎紅茶やコーヒーの茶しぶ。
クイックモードで洗うことが多いせいか、茶シブはとれない。
気になって来たら、手袋に重曹振ってゴシゴシしてます…

他は…
汚れがこびりついたお皿も、取れない。卵の汚れも落ちにくい。
予洗い、大事。(当たり前)


意外にOKだったもの。

◎木製のお箸。
普通に手洗いしていても、きちんと拭いておかないと、水分を吸って端っこが腐食しかけていたことも…(ダメ主婦)
その点、放っておいてもしっかり乾くので、頼もしい。多少塗装が剥げても良しとする。
というかお箸の塗装はあまり剥げてない。

お汁茶碗は結構剥げてきたので、そろそろ食洗器対応可のを買おうと思っています。

そして地味にに重宝しているのは…

◎食品の入れ物だった容器(発泡スチロールやプラスチック)。
分別ごみで出す際に、手洗いの場合、結構凸凹面があって面倒くさかった。
けど、40℃のクイックモードで洗えば、水圧で変形せずきれいに汚れが落ちるので、意外に良いです。
手洗い時代に「捨てるものに水も洗剤も使うって、これってエコなの?」なモヤモヤも晴れました。

同様に、手洗いだと細かくて洗いにくい調理器具。
薬味用スライサーやおろし器、千切り刃器、お弁当箱の隅っこ、ミキサーの刃、五徳、水切りかご等々。
凹凸だけでなく、目地や刃など洗うのに細かいブラシを必要とするような洗いにくいものにも万能です。


...と、個人的な感想を挙げましたが、何より食器洗いの手間と、ゴム手袋で洗っていた時のようにしょっちゅうお皿を割る心配が無くなったのは、本当に大きいです。



高温で洗わないかわりに、乾燥機能の弱いミーレ。
洗剤の他にリンス(乾燥仕上材)は欠かせません。
(特に、低温のクイックモードだと乾燥が弱いので)

使っているのはこれ。
フィニッシュ リンス(250mL*3コセット)【フィニッシュ(食器洗い機用洗剤)】【送料無料】 - 爽快ドラッグ

洗剤も同じ所の製品にしたら、独特の臭いも減った気がします。
フィニッシュ パワー&ピュア パウダー本体(700g)【1612_p10】【フィニッシュ(食器洗い機用洗剤)】[フィニッシュ パウダー パワー&ピュア 粉末洗剤] - 爽快ドラッグ


ちなみにちょこっと手洗い用の洗剤はこれ。
ハッピーエレファント 野菜・食器用洗剤 グレープフルーツの香り 300ml[サラヤ ハッピーエレファント 環境洗剤(エコ洗剤) キッチン用] - ケンコーコム

他に色々気にして洗剤を選んできましたが、これは手荒れが少ない気がします。


ちょっと内容が逸れましたが、ミーレを使ってみて・使い慣れてきての感想でした。

ラベル:ミーレ
posted by ゆふ at 21:00| Comment(2) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする