2017年03月31日

蓄熱床暖房 暖かくなる前にちょっと止めてみた


こんにちは、ゆふです。

先日、3泊4日で旅行に行ってきました。
家を建てる前後だと、なかなか出かける気力も時間もお金も割けず…
家を建てて約半年、ようやくちょっと一息つけた感じです。


さて、冬の間ずっとタイマーで稼働させていた我が家の蓄熱式床暖房ですが、家を空けるにあたってガス栓や電気コードと一緒にポチっと切りました。

※参考までに…前回の床暖房の記事↓
蓄熱床暖房の使い心地は?

fuyu_atataka.png
画像=いらすとや様 http://www.irasutoya.com/


帰って来て、最初に感じたのは…

…寒い!!

最高気温は13℃前後あった日でしたが、家の中も同じくらい。
床暖をつけた新居で初めての冬をずっと20℃前後で過ごしていたので、家の中の気温がこんなに下がっていたのは、これまた初めてでした。

しかも、ポチっと再稼働させても、一回のタイマー設定分(3時間)だけでは、全然戻らない。
一度家の中全体が冷えてしまうと、戻るのに時間がかかるという事は、それだけ、床暖房だけで一冬乗り越えられる位、家自体が暖まっていたという事だったのかな?
さすが”蓄熱式”なだけあるね。
(ちなみに24時間換気はつけたままです)

結局、雪の降った日以降、久々にエアコン暖房をつけました。
即効性はエアコンには敵わないけれど、床暖房のありがたさを実感した気がします。


蓄熱式床暖房、様様です。ありがたや〜、ありがたや〜。
ラベル:蓄熱式床暖房
posted by ゆふ at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 住んでみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする