2017年01月24日

蓄熱式床暖房の使い心地は?


新居に住んで初の冬を迎えました。

施工会社ジューテックホームさんのウリの一つであるオリジナルの「蓄熱式床暖房」。
実際に住んでみて、どう?

まだ運転のコツをしっかり把握できていないところもありますが、ちょっとご紹介。


まずは工事中の写真。
1105a.JPG

緑の配管から、温水が流れて回りに施工したモルタルが熱を持ち、その上の床が暖かくなるようです。
ちなみに熱源はガスと電気を選べますが、うちはソーラーパネルを入れていないので、ガスにしました。

少し寒くなってきたころから朝晩のタイマーを入れて毎日稼働させています。

☆タイマー設定は、こんな感じ。

朝 05:00~07:00
夜 17:00~20:00

ニッチにパネルつけました。
290121a.JPG
フクロウの置物は旦那さんの出張土産です!


この1日2回の稼働で、家の中が全体的にほんわかしてきます。
気密断熱性が揃って発揮される蓄熱式床暖房なので、一日中、寒い日でも18度以下になりません。


寒くなってきたころ、夕方帰宅時に玄関のドアをあけると、メガネが曇ったりしました。
外と中の温度差は玄関を出入りして初めて分かります。

それ以降は、特に家の中にいる時は寒さを感じず。

ただ、雪が降った日に、初めてこの状態でも寒さを感じ、初めてエアコンをポチー
11月後半だったので、それまではエアコンも不要でした。

なるべく床暖房だけで冬を過ごしたかったので、営業担当Wさんにコツを尋ねると…
予約時間を今より延長してみては?」とアドバイスをいただきました。

以降、年末年始辺りから稼働時間を少し長めに設定しています。


☆温度・湿度は?(エアコンつけない状態)

19度 30% 前後
モデルハウスの時は24度近くあったような…


☆体感は?

モデルハウスに行ったときは、「うわー暖かい」と思いましたが、新居ではそこまでではない?
…の原因の一つは、予想はしていた吹き抜け!

暖かい空気は2階に行って、代わりにちょっと寒い風が降りてきます…
仮に24時間換気を止めたらさらに暖かくなるんだろうけど、そうしたら空気が汚くなってアレルギーの心配が…

ここはもうちょっと稼働時間を延長したほうがいいのか、エアコンと併用したほうがいいのか、まだ悩み中です。

あ、ソファに座るよりもほんわかな床にベターっと座ってる事も増えましたよ。


(でも良く思い出すと、モデルハウスにも吹き抜けあったよなぁ…)

☆ガス料金。

28年11月分… 3,313円
↓  ↓  ↓
29年01月分… 10,486円 ←今ココ!

11月後半から稼働を始めて、ぐんと上昇。
やっぱり金額は跳ね上がりましたね…

でも、振り返ると前の賃貸アパート生活での、朝起きてしばらく身動き取れず、ぶ厚いスリッパにソックス2重、ハンテンはおる。エアコンガンガンでさらにコタツに丸くなる…という生活から脱却できているので、

もう天国といってもいいのかもね?


ちなみに賃貸のお家で結露に泣かされていましたが…

新居では結露なんてまっっっったくありません!
窓辺も冷気を感じません!


これもひとえに高気密高断熱さまさまです。


もう少し試行錯誤して、またレポートしようと思います!

では、お読みいただきありがとうござます。
posted by ゆふ at 00:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 住んでみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする