2016年12月03日

土砂降り雨の中、引き渡し


引き渡し当日。
8月の終わりの土砂降りの雨降る某日、引き渡しがありました。

玄関ポーチはできていたものの、外構工事はまだだったので、ぬかるむ土をつま先でよけつつ、この日のために敷かれたレッドカーペットへ傘さしつつ向かう私たち。

すでにジューテックのお世話になった方々が来ており、例の儀式開始でございました。
そうそう、工務店だからか、なんと社長さんにも来ていただけました。

白い手袋をはめて、金のハサミを手に持ち、満面の笑顔でテープカット

とは言っても、土砂降りの中じゃあ、折角写真を撮ってもらっても絵にはならず。
ついでにこちらのカメラで写真も撮るゆとりもなく…
営業担当さん、もしまだ持ってたらあの時の写真下さい〜!

それにしても…
地鎮祭の日はヒョウが降り、引き渡しの日は土砂降り。
晴れた天気ではなかったけれど、違う意味で印象に残りますね。


いいんです、いいんです。
荒れた天気が続いたにもかかわらず、こうして無事建てていただけたんですから!


中に入ると、待ち構えていらしたのは、設備関係の説明をしていただく業者さん。
さっそく、片っ端から説明が入ります。

おや?
感動の内覧は?

すでに仮の鍵は貰っていて、カーテンの業者さんが入ったり、光回線の工事で半日立ち会ったりと、何度も新居には入っていたため、よくある「なんて素敵なの!」の引き渡しの感動とは無縁でしたね…

その間、営業担当さん達は、わやわやと新居について眺めたり語ったりしていました。

「いやー、思ってたより可愛らしいおうちになりましたね!」

わかってます。
狙いどおりに仕上がりましてよ。


いただいた設備機器の説明書です。
ずどーん。と分厚い。
1203a.jpg

付箋が付いているものは、メーカーへの機器登録する必要のあるものに貼ってもらってます。
まだまだやることいっぱい。
覚える事もいっぱい。

一緒にお祝いのお花もいただきました。
1203.JPG
プリザーブドフラワー
可愛らしいのでさっそく玄関に置きました。

最後に鍵を受け取り、引き渡しの式は完了。
重ねてお礼を伝えて、お見送り。

そういえば、お世話になった皆さん一同と一緒に写真を撮ってもらおうとしていたのを忘れてしまいました。
ああぁ。悔やまれます。


見送ったと同時に、家づくりの大変さからやっと解放された気持ちでドッと疲れが出ました。
きっと住み始めたら、一息つけるよ。
まずは引っ越しを済ませないと。

ジワジワ新居に住めるという実感が湧くまで、もう少しかかりそうでした。
posted by ゆふ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 完成まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする