2016年11月02日

謎のオブジェ 現場工事4


前回の続きです。

初めて入った自分たちの工事現場。
恐る恐る奥に進むと、リビング現場に小柄な女性が作業していました。
1102a.JPG

女性が大工さんかぁ…カッコいいなぁ。
けど一人で大丈夫なのかしら?

心配はなさそうでした。
頭上から力強い作業音とパラパラ木屑が降ってきましたから。

あとあと確認すると、最初に構造材を組んでいたのは”建て方大工”さん、この段階では”造作大工"さんが入って作業していたのでした。

その横に、不思議な形をしたオブジェのようなものがありましたが…
1102b.JPG

旦那さん曰く、多分板を切る作業台なのでは?とのこと。
そのオブジェで何か造作して下さい!!
(と心の中で叫びました)

数週間前までただの土地だったのに、もう家の形を成していて、なんだかあっという間で目眩がしました。
プレハブの建物だともっと工期が短いようです。
逆に小さな建築事務所などは、大工さんが足りず、工期が半年以上伸びてしまうこともあるようです。

私、人生の前半のイベント速度がとてもゆっくりだったせいか、心の準備より先にどんどん建てられていて、心も脳も追いつきませんでした。いや、散々長々と打ち合わせをした後なので、というのもありますが。
結婚した時も思ったなぁ…なんでしょうね、この感覚は。
自分の人生で、まさか注文住宅を作るとは、(結婚するとは?)想定外だったからかもしれません。


ふと、リビングの窓らしき空間から、空いている土地、お庭予定の土地を眺めました。

やはり猫の額でした…

でも、庭も管理が大変だし、今の大きさでちょうど良かったんじゃないかしら?
と今ではそう思っています。


ちなみに。「〜かしら?」は、担当営業さん(男)の口癖で、一時夫婦で語尾に「〜かしら?」が流行りました。一度、打ち合わせ中に本人の前でその口調で話真似っこましたが、気づいてくれませんでした。

どうでもいい話ですみません。
posted by ゆふ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする