2016年11月25日

ギリギリの仕様変更 キッチンその2


ギリギリの仕様変更の続きになります。
前回はキッチン・シンクの変更でしたが、もう1つキッチンの配置で悩んでいました。
※お食事中の方、ご注意下さい。

それは、ゴミ箱の位置です。
gomi.jpg


最近よく見かける、シンク下に空間を作ってゴミ箱を置くという案は一瞬浮かびましたが、キッチンの収納面積の限られている我が家では難しく…
(しかもシンク横にはどーんとミーレ様が鎮座)

ちなみに、問題のキッチンの配置です。
ジャジャーン。
kitchin.png

ごく普通ーの、よく見かける配置ですね。
面白くもなんともない間取りですみません(´・ω・`)ショボーン
(※旦那さんから間取り図のブログ公開の許可が下りず、メモ程度にエクセルで作成。)

向かって左側の収納の手前は、リビングと玄関をつなぐ廊下との通路になっています。
右側は勝手口につながります。


打ち合わせでICさんに相談した時は、「コンロの後ろ(勝手口内側)でいいんじゃない?」という事になっていたのですが…
kitchin2.png
よくよく考えると、コンロ前に立っているとすぐ後ろにゴミ箱、というのも何かと邪魔。

そもそも勝手口をつけたのは、夏場などちょっと臭いのキツい時期に、生ゴミを外に出して管理しようと設定したのです。
なので、勝手口の外側にはゴミ箱を置けるスペース(庇つき)もあります。
でも、生ごみを毎回分、袋単位で口を固く閉じても、2人暮らしの我が家。
わざわざ外に収集日まで仮置きする程の量でもなく。
(燃えるゴミは週2です)

他にも、プラスチックや紙ごみ、ペットボトルや缶ビン牛乳パックなど分別ごみは当初、「左側の収納でいいじゃない?」という事だったのですが、キッチンに立ってると結構な回数でゴミ箱の蓋を開けます。
特にかさばるプラスチックゴミは、ハサミでチョキチョキ細かくしながらポイっと。


それをいちいち左側の収納まで持っていくのも面倒くさい。
以前の賃貸住宅では、くるっと回れ右一歩!でゴミ置き場に足かけて蓋開いてポン、だったので。
前よりも少しは広くなったキッチンなのに、狭かったころのほうが便利だったとは!
まぁ何という贅沢な悩み!


という考えが、グルグル回ってしまい、シンクと同じタイミングでギリギリに仕様変更をかけました。
もう少しで、作成してしまう所だったらしく、変更期限セーフでした。

食器戸棚の一番右下(コンロの反対)の収納扉を無くしてもらって、そこに入れてしまえと。
kitchin3.png

でも、お願いはしたものの、収納下に、特に生ごみはどうなんだ!とまたグルグルしました。
不潔、とはいかずとも、臭いが上の食器棚に行かないか?

そこでハッと気づきが。
前の賃貸は、夏は暑く冬は寒いので、夏場はゴミ箱の中の生ごみ臭が、フレッシュ?な昨日の分でも、正直言ってきつかった。
でも、新築は夏涼しく冬暖かい家。

そこまで、生ごみの臭いに敏感にならなくてもいいんじゃないかなと。


…と、自分に言い聞かせてみました!
どちらにしろ、勝手口通路の前は冬も床暖房があるので、年間通してここ(食器棚下)でいいかと。

9月後半に入居し始めましたが、特に臭いが気になることはなかったので、あとは来年の真夏はどうなるか。
まだちょっと様子見のゴミ箱収納、悩んだ末の微妙な変更でした。


…というか、そもそも、勝手口をつけずに壁一面収納にすればよかったんじゃぁ…
勝手口要らなかったかな〜?(´・ω・`)ショボーン

posted by ゆふ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

ギリギリの仕様変更 キッチンその1


ギリギリの仕様変更…と言いますか、最後の悪あがきとも言います。
注文住宅を建てる施主の悪いお手本のようなものですね。

壁紙など、期限ギリギリで変更をお願いしたりしていましたが、一番ギリギリまで悩んで変更したのはキッチンの仕様でした。


我が家のキッチンはウッドワンのスイージーです。
その中のシンク。

私が当初選んだのは”エンボスIシンク”でした。
1123a.JPG

理由は傷が見立ちにくい、角が丸いと掃除しやすいかなと思って。
それと、水栓を使用した時の水垂れが、端の段差で防がれて拭きやすいかなーと。

水栓、洗い物をした手で蛇口をひねって止める際に、濡れた手から落ちた水が辺りにポタポタ垂れますよね。
拭く度に、周りや届きにくい水栓の裏側までふきふきしないといけない。
水栓の裏側から立ち上がりの壁まで狭かったんです。
それが今まで使用していたキッチンでは微妙にストレスでした。

要するに、機能重視ですね。
(足でタッチして水が出るのもあるよ、という機能は高いので候補外)


でも、直前になって”ステンレススクエアマルチシンク”にしたくなった。
1123b.JPG

格好いいカクカクシンク、ですね。
デザインは素敵なんだけど、お掃除しやすさはどうなんだろう…?と。

悩んで悩んで、発注期限ギリギリになって、再度一人でウッドワンのショールームへ突撃。


両方見て、しばし悩んだ末、やっぱりこっち!

…と選んだのが、スクエア(下の写真)のほうでした。

直前になって、掃除のしやすさよりもデザイン?を取った私。
なんでこんなに悩んだのかというと、どこかでも書いたかもしれませんが、私は掃除が苦手。
注文住宅のキッチンや洗面を造作!可愛い水栓!ボウル!タイル!などを羨ましいな〜とは思いつつも、私の家事力じゃあ絶対キレイを維持できない自信があったからなのです。(威張るなと)

でも、それでも変更してしまった…
大丈夫か?
後悔しいないか?
良いのか未来の私!?

変更は何とか間に合い、無事カクカクのほうを発注できました。


またまたこの場で謝っておきます。
ご迷惑おかけしてすみませんでした!



…ところで、そのキッチンの気になる水栓回りのお手入れですが…。

実際、新しいキッチンを使い始めて約2ヵ月。
水栓裏も4センチあるので、そこまで手を回すのが窮屈ではなく、作業後サッとひと拭きで済むので、悩んでいたほどではありません。

ただ、水栓自体が、水の加減が難しく勢いよく出てくるので、結構あっちこちにはねます。
そこがちょっとプチストレスかな…。
うーん、贅沢な悩みだ。


このギリギリ仕様変更の回。
続きます。
posted by ゆふ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

現場監督さんにシビれる 現場工事10


造作工事も一通り終わって、いよいよ壁紙を貼るところまで来ました。
(記事にするの、長かった…)

リビングです。
丁寧に釘や板の間の溝のある部分をパテで埋めて…
1118a.JPG

ロール巻きされている壁紙を裁断して、貼っていきます。

裁断機かな。
1118b.JPG

書斎の吹き抜け斜め天井。3人がかりで足場を組んで貼っています。
微妙な角度で大変そう…
1118c.JPG

この日は、作業中の現場をちょっと見て帰宅したのですが。


後日、現場監督さんからお呼び出しが。

なんと、上の3人がかりで貼っていた斜め天井の壁紙の品番が間違っているとの事。
改めて見てみると…

確かに、この部屋は壁紙は白だけど、天井部分だけ、ちょっとグレーに指定していたのでした。
それが、壁と天井、全面白に。

ああ…
また私の中の(せっかく苦労して貼ってもらったんだから、これでもいいかな…
という波風立てたくない性格がむずむず…

しかし、今回は以前の屋根の時のようにこちらから提案する前に、現場監督さんから迷いのない目で、
やりなおしましょう

と、言っていただけたのです。

更に旦那さんが、仕上げが気になっていたダイニング吹き抜け上の天井の仕上がり。
板と板のすき間のせいか、クロスのボコっとして段差が気になる。

これも伝えたところ、「いいでしょう。足場が引き渡し直前まではずせませんが、それで良ければやり直しますよ」(にこっ)と。

なんて男前なんでしょう

私、体面が良くにこにこ屈託なく笑う現場監督さんが、いざとなると途端にガテン系になる、そのギャップに以前からシビーシビーでして…


前もありました。
工事中に私たちと現場で打ち合わせをしていた時のことです。
にこにこして話していたのに、頭上の工事の音が大きくて聞きづらいなと思った、その時。

うぅるせぇ!」(頭上にいる大工さんは皆年配者さん)
うお、ガテン系!(シビれる…)


もう…なるべく人間関係波風立たせないように小さく生きてきた「生まれてきてすみません」な私にとっては、眩しくてトキメくしかないですね!

あ、ごめんなさい。旦那さんがもちろん一番ですとも。うん(目が泳ぐ)


そんな感じで、せっかく考え抜いた注文住宅。
途中で何かアクシデントがあっても遠慮せず、あきらめずに注文通りお願いしましょう。

posted by ゆふ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする