2016年10月18日

ブタさんはレンガの家 その1


ふうふう吹かれても、オオカミには壊されない、レンガの家。
ブタさんの三男が建てたレンガの家のように、旦那さんが惹かれたのはレンガ造りの家、でした。
もっと言うと、外断熱+レンガ外壁


でも。叶いませんでした。

外張り二重断熱とレンガの家、を作る工務店。
ここは以前書きましたが旦那さんがキレて、ご縁がなく終わってしまった施工会社。
でも、その作りはとても気に入っていたようです。

ご縁があった今の工務店では、”塗り”が全般的に不得意なようで、外壁にはサイディングを勧められました。

でも、「建て売りっぽい。安っぽい」と、とても嫌がっていて迷っていました。


そこで提案されたのが、
旭トステムのATウォール・ガーディナルという商品。
ATウォール・ガーディナル

通常、サイディング外壁にはシーリングのメンテナンスが定期的に必要となります。その都度、足場を組んで、シーリングをし直すのはとても手間で費用もかかります。

が、ATウォール・ガーディナルの三辺合いじゃくりサイディング&シーリング材に代わる専用の施工部材『カンシキくん』』の場合は、板間のシーリング目地のない、シーリングレスの商品なのです。

これだと、継ぎ目もほぼなく見た目も自然だし、メンテナンスの間隔年数も全然違うそうです。
かなり画期的な商品なので、工務店さん側はお勧めとのことでした。


で、実際に好みのテクスチャーがあるか、打ち合わせ時にベランダに並べていただき、見てみると。

なんとか、これかな?というものが1つ2つある位で…。
そしてやっぱり「ちょっと作り物っぽい。安っぽいなぁ」とのこと。
(私は結構レンガちっくなものを気に入っていたのですが…)

一応、同時にレンガで施工してもらった場合の見積もりも取ってもらいました。

そしたらなんと…
初期のサイディングの外壁見積もり費に300万プラスでかかるそうでした


いやぁ…これはきついね。無理無理…
旦那さん、めっちゃ落ち込みましたね…


そうだ、リクシルに行ってみよう!
確かあのショールームにはサイディングも見本が展示されてて種類も豊富だし、他にも何か気に入るものがあるかもよ?と私は提案しました。

後日、設備で訪れたショールームに、再度足を運びました。
午後一から、閉店まで粘ったでしょうか。
お店の方からも放っていただき、好きに出したりしまったり、見比べ悩みつくしました。


でも。
でも、どうしても、レンガの夢を捨て切れない。
そんな旦那さんと一緒に、次は石材を扱っているニッタイのショールームへ行くことにしました。
内装にタイルを希望して、ICさんからいただいたカタログに、外壁に使えるものがあったからです。

私もちょうどタイルが見たかったし…
ここは旦那さんの納得するまで付き合おう。そう思いました。


続きます
タグ:タイル
posted by ゆふ at 09:00| Comment(0) | 外壁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする