2016年10月07日

壁紙を決める その2


前回の記事で、テシードの輸入クロスを紹介してもらったことを書きましたが、その他は、壁紙を取り扱う国内メーカーの型番のサンプルを、ネットで片っ端から取り寄せました。


リリカラ、サンゲツ、東リ、シンコール。


その中でも、メインに大量に使う壁や天井には、なるべく自然素材に近いものを考えました。

ということでメインの壁紙・クロスに選んだのが、
東リの『環境・素材コレクション』の『アースウォール』

素朴なカラーの珪藻土含有紙クロスなのですが、このホワイト系の中から採用しました。

耐水性や丈夫さ・コストダウンを考えて、脱衣所やトイレはビニールクロスを。
壁の下地材のハイクリンボードの効果を考えると、ビニールクロスには通気性がない分、下地材の効果が落ちる気がするので、換気でしっかり補って欲しいところです。

脱衣所やトイレはちょうど排気口もある場所なので、臭いや気化した化学物質もどんどん流れていくところだし…と考えました。


しかし。

いやーーー。
壁紙サンプル集め、キリがない位集めましたね!

サンプルを取り寄せて見比べっこするのが、もう楽しくて楽しくて!
あれもこれも採用したくて、広い家がうらやましく思ったり。
すでに1回決めたのに、後から修正をお願いしたりもしました。

手のかかる施主ですみません。

でも、私のわがままだけではなく、結構途中で廃版になった型番があって、その壁紙はとても気に入っていたので、他の物に決めるのに時間がかかったりもしたんです。

結局悩みに悩んで決めた壁紙の種類は16種類
天井や壁の上下トリム(帯状の壁紙)で変えたりしたので、うーん…

ちょっと多かったかな?


アースウォールは施工直後から全然臭いもなく、今のところ大丈夫そうです。
ただ、ちょっと生地が薄いので、継ぎ目が見えやすいのと、もしもの時のメンテナンス用に余った壁紙を取り置きしてます。


一階トイレの壁紙。シンコールのものです。

0918.JPG


また、Web内覧会で改めて紹介したいと思ってます♪
posted by ゆふ at 23:04| Comment(0) | 壁紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

壁紙を決める その1


お風呂、洗面、トイレ、キッチン、食洗機!と設備を決めて、次は壁紙を決めることになりました。


食洗機の記事でつい熱くなり長々と語ってしまって、
アレルギー持ちのブログだったことすっかり忘れてましたが…

壁紙。
私が希望していた漆喰は高価なのと、工務店に技術のある良い職人さんが現在いないとの理由で、他の、できるだけVOCや臭いなどを発生しない素材を選ぶようにしました。


…とはいえ、壁の下地材に有害な物質を吸収するハイクリンボードを使っているので、それは安心なのですが。
とりあえずビニールクロスを極力少なく。

ビニールクロスは安価で丈夫で手入れしやすいのですが、化学物質を含有するので、アレルギー体質の人には注意なのです


さっそく、インテリアコーディネーター(IC)さんに何が施工できるのか、お勧めはあるか聞きました。

自然な素材でのお勧めは紙クロスとのことで、まず突然輸入クロスのカタログをどーん!とお借りしました。


素敵です海外の紙クロスなだけあって、デザインも質感もおしゃれですごーく素敵。


いただいたカタログはテシードというメーカーのクロス。
その中の不織布のものを何点かチェック。
(普通にビニールクロスもあるのです)

ちなみに紙クロス、と書きましたが、純粋に紙のみでできているものもあるのですが、取り寄せて強度や水ぬれなどを見たところ、丈夫さに不安があったたので、うちは採用はしませんでした。


テシードのクロス
テシード壁紙
画像はお借りしました


しかーししかし…

お高い

これは一度見積もりを取って、厳選して使おうかなと。


続きます
posted by ゆふ at 23:59| Comment(0) | 壁紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

ミーレのショールームに行く


食洗機ミーレの記事を連続して書いていますが、とりあえず今回で1回間を空けます。(まだ書くのかと)

以前、ミーレの乾燥仕上げ剤は付属されていたけれど、洗剤が見当たらず…

という記事を書きましたが、ありました


1004.jpg

この画像の左下の正方形のタブレットになります。

頭っから食洗機の洗剤イコール粉末、と思い込んでいたので、この重たい固形物は一体なんぞや?石鹸?と、ろくに確認もせず、引越しのどさくさの時に食器棚の引き出しに突っ込んだままでおりました


自分のこの思い込み癖、何とかしたいところです…


******

先延ばしになっていたミーレのショールームに行った話を書きます。

色々なメーカーのショールームで、キッチンをどこのメーカーにしようか迷っていましたが、ミーレにほれ込んだことと、無垢材のキッチンが素敵でウッドワンのキッチンにしようか考えていました。


ミーレについては、実際に稼働しているところや音を聞きたかったこともあって、都心にあったショールームへ、夫婦で見に行きました。


ショールームはオシャレな都心の中のちょっと閑静な所にあって、ガラス張りの窓に商品がずらりと。

TOTOなどの国内メーカーの雰囲気とちょっと違って、
例えるとオシャレなブティック

ミーレの食洗機は、車のメーカーで言えばベンツあたりの海外高級車に当たる、とどこかで書いてありましたが、まさにそんな雰囲気です

そのブティックに、黒服のミーレスタッフさんがいて案内していただいたのですが、他に洗濯機や掃除機、クッカー(コンロの部分)など、色々な家電が、美術館のオブジェのようにきらめいていて、2人ともすっかり緊張気味でした。


さっそく稼働中の音を聴かせてもらうと…


すごい静か。

遠くで洗濯機がかすかに音を立てているような。
しかも途中でもふたを開けられる。
追加してポイも可能。

父のマンションにある国産の食洗機とちがって、本当に静かで、しかも食器も入れやすい。


肝心のメンテナンス方法・お手入れの仕方なども一通り聞いて、やっぱりこれにしたいと再確認。

でもね、当初の見積もりを余裕でオーバーしてしまいます。
なんたって海外高級メーカー製品


本当に使うのか?
国産の食洗機よりもずいぶんお高いけど、本当に使う?


実際、使わなくなってしまって物置になっていた実家の食洗機を思い出す。

なにより、こんな高級食洗機を買って、もしもお蔵入りになったら、お財布主の旦那さんから一生恨まれそう


と、すごく迷いましたが、絶対使う!と背中を押して購入を決意。
洗濯機は回さない日があったとしても、キッチンに立つのは365日、毎日のことだもの。
家事はほとんど私だもの。

そう。

「夫婦で手伝いあいながら仲良くお皿洗ってます♪」
なんて、最近よくブログで見かける可愛い夫婦ではなく、
疲れきってる旦那さんを横目に毎日シンクに立っているんだもの!
肌が弱いから、毎回布手袋の上にビニール手袋だもの!
不器用な上にビニール手袋で滑りやすいおかげで、しょっちゅうお皿も落とすんだもの!!

もうもう…本当に…このお皿洗いの大変さときたら…


テキパキ家事をこなせない私の、心強い家事パートナーになって下さい!


そんなことを頭の中でぐるぐるさせながら、スタッフのお姉さんと食洗機を触りながらお話し。


お姉さん 「手前に引き出せるので、色々な物が入りますよ。
お箸やスプーンも横におけるところがあって、ここは特に好評なんです」

 「知ってます。これがカラトリーというものですね!」
(そうです。事前にブログでいろいろ調べていたので、知ってたのですヨ。)

お姉さん 「ええ。 …カトラリー
ですね」
(隙のない素敵な営業スマイル。)


緊張していたせいか、冷汗がどーっと。


そんなもんです。
オシャレなインテリアとかに何もアンテナを張っていなかった女なもんで、そんなもんなんです。

アボカドをアボガドと勘違いしているのと似ていてー…


ようするに、女子力も低いんです。
でも、家づくりするんです。
設備探しやインテリアは…がんばりますよ〜〜〜!

そんな感じで、おしゃれなインテリアとか苦手な方、こんな私でも無事に注文住宅を建てられましたので、



ご安心を!!




posted by ゆふ at 21:59| Comment(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする