2016年09月28日

生まれる家・死んで行く家


家のことを書きますが、今回はちょっと新築住宅とは
直接関係のないことになります。

私たち夫婦の新居を作っている最中に、同時進行で
私の実家の整理をしていました。

3年前に母が亡くなり、父だけでは維持できなくなった
一戸建ての実家を、父と私とで片づけてきました。

遺品整理、粗大ゴミ出し、残っていた物の仕分けなどなど、
週1くらいの頻度で、約3年間かかりました。
最後に掃除しに行ったのは、つい先日。

すごく偶然なのだけど、実家の引き渡しの日が、私たち新居の
引っ越し日でした。

気に入っている庭木を新居に持ち込もうと考えていた時期も
ありましたが、ある程度大きい木を引っ越しさせるのは、
新しく購入するより高い・時期が難しいなどで断念。

実家はつい先日、取り壊し工事に入ったようです。
土地が無事に売れて、新しい持ち主が建てる予定です。


家を作っている間、実家のこともずっと頭の中にありました。
新居が新しい材木で日々建てられていく喜びとと共に、小さな頃から
育ってきた実家を片づけ、売りに出し、中が空になった実家を見て。

生まれていく家と死んで行く家、の両方に同時に立ち会ったような
不思議な感覚になりました。


家を作るのも、たたむのも、とても労力が要りますね。

住んでいた時は思いもしなかったけれど、家は私たちと一緒。
家族のように親しみのあるもので、色んな記憶が残っていて。

注文住宅を建てることになる前に、たくさんの中古の土地や古屋を
見た時も、住んでいた方の気配をついつい想像してしまいました。

新居に住んでみてふと周りを見渡すと、ご近所もちょうど
入れ替わりの過渡期のようで、大きな家にお年寄りが一人っきりで
住んでいたり、2世帯住宅を作って表札は2つあるけれど、
1つにはもう人が居なくて使われていなかったりと、状況も様々です。


私たちの新しい家はこれからどうなっていくのかな。
でも、家もいずれは無くなっていくものなんだな。
他人事だと思って来ていたことが、自分の身の回りに起こって、
悲しいこともあるけれど、これから一緒に生きていく家に対して、
色んな事を考えるきっかけになりました。

何より、そういう家の生死に立ち会えた事を大事にしようと
改めて思いました。

新居、大事にしていかないとね〜
posted by ゆふ at 23:15| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

ウッドワンのショールーム再び


引っ越しの片付け、まだ終わってません。

旦那さんが引越し会社の段ボールマニアなので、
(ちなみに某0123)
段ボールは勝手に潰すなおれのコレクションにする!」と言い、
歴代のきれいな段ボールを、これまたきれいに畳んでいるところです。
どうやら色々詰めるのに使い勝手が良いそうです。

引っ越し会社さんのスタッフさんも、昔のサイズロゴのちょっと違う
段ボールを見て、珍しがられてました。

私は早く某0123の段ボールを見ない生活に戻りたいんだけどなぁ...


あ、話が脱線しました。

*******

ウッドワンの設置されたてほやほやキッチン。
0924.JPG


前前前回?リクシルやTOTOのショールームに行ったと
書きましたが、その後ウッドワンのキッチンが忘れられず、
再度行くことになりました。

私たちの(というか私の)希望していたキッチンは、框(カマチ)タイプ
のアンティークっぽい白い扉のついたキッチン。
ワークトップは丈夫なステンレス
を希望していました。

リクシルのショールームを見た時に、同じようなタイプがリシェルSIと
いうシリーズで選択可能でしたが、初見でお高そうだったウッドワンの無垢のキッチンと、ダメもとで比較してもらおうと思ったのです。

2度目に行ったウッドワンのショールーム。
可愛い…

扉のカマチもそうですが、無垢の暖かな面材、ステンレスのバイブレーションタイプの触感の滑らかさ。
それに、何といってもミーレ様

一緒に見ていただいたインテリアコーディネーターさん(ICさん)からも、グローエという水栓が素敵で合うわよ〜。とアドバイスをもらい、
さらに、ちょっと良いなと思っていたミーレの食洗機が、リクシルの
場合だと、別々に購入する手間があるけれど、ウッドワンに発注すれば合わせて仕入れて設置してくれるとの事。

ちなみにコンロはガスで、ツマミから埃が入らなければ、あと五徳の
取り外しが容易であれば、くらいにしかこだわりはなかったです。


後日、打ち合わせで出た結果は…

なんと、リクシルのリシェルSI(カマチ&アイアン取っ手)よりも
ウッドワンのほうがお安いとの事。これは…決めるしかない!

ミーレは、しかしお高い。高いものだし、食洗機は初めてだしで、
ウッドワンのキッチンはほぼ決まりと心に決めつつ、念のために
次にミーレのショールームに行くことになったのでした。

続きます。

posted by ゆふ at 00:58| Comment(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

あぁ、ミーレ様っ!


ミーレ様、本日よりお仕事をなされました。

ミーレ様とは…

我が家の女神。食器洗い乾燥機(食洗機)でございます。

ようやくキッチンで料理できるようになった昨日からさっそく
使おうと思いたったのですが…
専用の洗剤がなくって、嵐の中駆け込んだ夜中のコンビニにも
置いてなくってね…


いやね、ミーレ設置の時に一緒に液体ボトルを置いて行ってくれた
ので、てっきり洗剤かと思いこんでいたのだけど、よーく見たら
食器洗い機用乾燥仕上げ剤』とあるじゃないですか。

どうも洗浄力と音の静かさはいいけど、乾燥力の弱いミーレ様
には、この仕上げ剤が必要、というレビューがあったのですが…

買おうと思ったらかなーりお高いのね。

ミーレユーザーさんは、皆さん使っておられるのかしら??
気になるところです。


そんなこんなでようやく、今日スタートボタンを押せた次第で
ございます。
音は本当に静か。吹き抜けの下でも気にせず使えそう。

しかし、心強いなぁ。
食器洗いの非生産的な時間をこの先、短縮できるかと思うと…
あとはメンテナンスを忘れないように、長持ちさせるように
しないとね〜。

はぁ〜。ミーレ様、頬すりすり。

写真は、稼働中であらっしゃるの図。

******

0920.jpg

まだ引っ越し関係で色々と手続きに追われているので、
(あ、表題登記は無事に終わらせました)ぼちぼちと
書いていきますので、よろしくお願いします。

posted by ゆふ at 23:59| Comment(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする