2016年08月21日

工務店やっと決まる!

新居の完成を前に施主検査
してきました。

現場監督さんの立会いのもと、家じゅうの戸や窓の
開け閉め、壁や床の傷、建具などのたてつけの確認です。
施工時の傷などがあれば補修してもらうよう、修正部分
に色テープを貼っていただきます。

水道や電気の確認も行ったので、
点灯された照明も見られました
0820.JPG

補修・最終クリーニングの後、
いよいよ引き渡しになります。

いよいよです…!

*****
前回の続き

暖簾に腕押し状態のようだった工務店の見学のあと、
とりあえず施工や断熱材もしっかりしているようだしと、
もう一度話を聞きに行くことにしました。

たまたま、検討していた辺りに土地が出たこともあって、
その相談にも乗ってもらいたく…。

改めてご挨拶いただいた穏やかそうな営業さんと、設計士
さんにお会いして、土地の図を元に希望を伝えつつ、
設計図を目の前で作っていただきました。

要望通りに青い線で素早く描かれていく図面にワクワク。

まだ構造など色々気になることもあったので、施工途中の
家に連れていってもらう約束をしました。

建築中の木造を組み合わせた上棟後の家と、悩みの一つ
だった壁紙や建具を取り付けた後の状態の家です。

後日、見に行って再確認。
2×6のしっかりした構造もさることながら、壁紙や建具
の施工後の状態でも、気になる接着剤の臭いで辛くなる
こともありません。

壁の下地材にホルムアルデヒドを吸収・分解する
ハイクリンボードを家全面に使っているので、
その効果ではないかとのこと。
湿気も吸収するので結露やカビ対策にもなりそう。

欠点としては、木の香りのする新築には
ならないことだけど…。

更に建材も臭いの少ないものに変更できるというアドバイス
もいただいて、対応もしっかりしていただけそうかな?と。

そうそう、肝心の営業さん。何回か打ち合わせをするうちに
わかった事だけれど、癖のない、人あたりの良さそうな営業
の担当さんは、なんと偶然にも旦那さんと同じ高校の卒業生。
出身地も近いらしい。

さすがの頑固な旦那さんもちょっとうちとけたのか、共通の
高校の先生の話なんかしていました!

これは…
今から思うとひょっとして運命の出会い?
…だったのかもしれません。

打ち合わせで旦那さんのカンに障らない人って
実はそうそう居た記憶がなかったのですよね〜。
(もう私の心境はお見合いおばさんでしたね

何回かの打ち合わせを繋いで、やっとここで
決めようかという結論に2人で思い到りました。


ただし…憧れの塗り壁や漆喰は現在、
工務店に腕の良い職人さんがいないらしく、施工して
くれそうではありませんでした…

でも…まあ…相性って大事ですかからね…
その後、部屋の漆喰は「一人でやる!
と息巻いていた私ですが、案の定止められました


今のクロスの塗り替え時期が来たら、
自分で塗ってやるぞ〜〜!!



ちなみに工務店さんの名前は…
引き渡しは無事済んでから書こうか
ちょっと悩んでます。






posted by ゆふ at 23:08| Comment(2) | 施工会社探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする