2016年08月16日

工務店・建築事務所巡り2

新居、ほぼ完成になりました!
あとは施主検査の後、補修やクリーニングを
行って引き渡しになります。

0815.JPG

画像は玄関のポーチライト。
お値段とデザインでずいぶん悩みましたが、
とても満足です。

******

前回の続きです。

建築事務所については前回お話ししましたが、
今回は工務店めぐり。

30社近く資料を取り寄せたかな?
近場で地域密着型のビルダー探しをしました。

その中のひとつの地場の工務店が気に入り、その時
候補に入っていた土地の見積もりを初めてお願い
しに行きました。

特徴としては、
国産の天然乾燥材(高温に乾燥させた木よりも油脂
が残るため丈夫でシロアリにも強い)桧のいい香り。
外断熱二重通気工法で熱もこもらず、冬は暖かい。
気密に必要なC値等を必ず数回測定してくれる。
で、もちろん、漆喰や無垢材にも気を遣ってくれる。

私の気になっていた項目に見事にぴったり。
ただ、少しデザインがいまいち…

その時、案内していただいた担当さんが希望を元に
設計図を書いていただいたのですが…

ここでひとつ不安が。

この工務店の「売り」であるソーラーサーキットという
基礎と小屋裏にダンパーを設けて夏と冬の家の通気を
変えていくというシステム押し、だったのですが、

旦那さんが疑問に思い。

普通の家づくりに必要な経費プラスそのシステムを
入れる必要が必ずしもあるのか?ということでした。

さらに、その担当さんがとても熱血で…その売りを
とてもとてもプッシュしてくる。
でも旦那さんは懐疑的。
さらに、設計図も彼が担当、とのことで、
この先ずっとその方と建てていくとなると不安が…

そう、またしても「相性」問題勃発です。

結局、一度ヒアリングと合わせて設計図を
書いて見積もりをいただいたのですが、
…私としては泣く泣くあきらめることになったのです。

そんな経験もあって、改めて一緒に何度も打ち合わせを
して行く相手会社に会うのは、
そんなに自社アピールをしない。でも自社の細かい
所を工夫してアドバイスしてくれるような
」会社が
私たちにはいいのかな?と考え始めました。

次回からは施工していただいた会社での流れを
さーっと紹介し、何とかWeb内覧会に近づけていこうと
思っています。
posted by ゆふ at 00:53| Comment(0) | 施工会社探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする