2016年07月29日

建築条件付き土地とはいうけれど


写真は施工中の玄関ポーチのアールの
タイル壁です。…そう、
我が家の唯一のアール!アンドレンガ調タイル壁!です。

DSC02424.JPG

これだけで毎日の外出や帰宅時の気分は
きっと上がるはず?

************

前回のつづきです。

建築条件付き土地

土地を探していた人にはご存じの方も
多いと思われます。
建築会社さんが、「わが社で建てるなら、
それを条件に土地を少しお安く買えますよ。」
というような土地です。

しかし間取りや建材を好きに工夫できるかと
思いきや、実は制約が色々とあり、その会社の
標準仕様で建てないとダメ
。という内容だった
と記憶しています。

そのメーカーの仕様や土地がとても希望に近く、
建売プラスαで建てられるならお得、と考えて
いる方にとっては良いのかも知れません。

案の定わが家の場合は、場所が希望と一致せず…。

後々他の不動産屋さんから聞いた話によると、
私たちが好感触だったその会社の条件付き土地は、
漆喰壁や無垢材等の仕様を上げる代わりに
少し不便だったり難点がある土地をまとめて買い、
建売や条件付き土地にしている、との事でした。

この際土地は妥協して…と煮詰まったりしましたが、
そこは一生に何度もは無いはず?自分たちの家造り。

一度、白紙にして、同じような施工を可能にしてくれ
そうな施工会社が他にもないか、調べる事にしました。

肝心の土地は…その時点では「小さめの土地なら少しは
安く買えるだろうから、そこは妥協して納得する土地を
探そうかな〜
」と考えていました。

うーん…甘かったですね

続きます。


posted by ゆふ at 17:30| Comment(0) | 注文住宅に決めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

ホントに、ダメなんです。

現在の建てかけ中の家の中です。
壁の下地の凸凹部分にパテをあてて、壁紙を張る前の状態です。

DSC02399.JPG
場所は小屋根裏です。
ピンク色の下地壁は有害物質を吸収するらしい
ハイクリンボードというものです。

前回の続きに戻ります。

新築建売住宅は、その後も構造や間取りを参考に
することも兼ねて、たくさん見に行きました。
もちろん、その中に住めそうな物件があれば
購入を検討する気持で。

でも、なかなか見つかりません。
臭いも少なめで少し良いかも、と思っても
すごく見晴らしのいい坂の上だったり、
反対に場所は良くても家自体がきつくて無理だったり…
一番酷かったのは、玄関から一歩入った瞬間、
「ダメ。無理入れない!」

案内している不動産屋さんからすると、
まるで霊感が強くて立ち入れない人みたいに
見えないかな〜とか思いますよ…

一瞬で目と鼻がツーンとして、頭がクラクラ
してくるので、何というか体がリトマス試験紙状態

やっぱり無理なのかな…
とガックリしつつ探していると、例の南欧風の
オシャレ建売住宅を販売していた方からの連絡で、

その建築会社が建てることを条件とした土地を
販売しているという連絡が。
いわゆる『建築条件付き土地』です。

建売住宅よりは少し割高になるけれど、自分達で
場所を決めて好きに建てられるよ、と言われれば、
もう、これしかないのでは?と思ってしまいました。

続く〜
posted by ゆふ at 20:18| Comment(0) | 注文住宅に決めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

注文住宅で建てよう。まで

きっかけは何気なく見に行った建売住宅でした。

経緯をざっと追ってみます。

現在の住まいに近い場所で賃貸ではなく家を買おう!

マンションは管理費や駐車場代がずっとかかるのがイヤ!
土地も自分のものにはならないし。
(※旦那さん意見)

戸建ては新築だと多分色んな問題あって難しいし、
一から建てるなんて気力も財力もないよね。
(※夫婦の意見)

中古だと手頃な家を、ちょっと健康に気を遣った建材
使ってリフォームすればいいかな?

お手頃な物件が見つからず…

ひょっとしたら建売住宅でも住めるような物件が
あるかもしれない?

…と近場の物件を見に行きだして何件目かで。

南欧風で漆喰を使って建てた建売分譲住宅を発見しました。
最近はこんなオシャレな建売があるのね?!と目から鱗。
内見すると漆喰壁のせいか臭いもなく、天然木・無垢の床
使っていたりと、自然な内装。
夫婦で気に入って検討を始めたのですが、肝心の立地が微妙で
ここ!と気に入ったものが決まらない。

けれども、この建売をヒントに色々何とか自分たちである程度
希望の場所に建てられないか、ヒントをもらったような気がしました。

続きます。

posted by ゆふ at 17:00| Comment(0) | 注文住宅に決めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする