2017年05月24日

外構計画2


こんにちは、ゆふです。

庭や玄関回りの外構工事も着々と進み、木も植えていただきました。

引き続き、前回のお庭の図。

290508a.JPG

タイルデッキはというと、こんな感じ。
290520d.JPG
旦那さんの足も入ってますね…

クリーム色系の暖かい雰囲気のタイルです。

しかしこのタイルデッキ、しばらくの間、ちょっとした洗礼を受けてしまいます…


南東側には、我が家のシンボルツリー、ヤマボウシ
しっかりと支柱を立ててもらいました。根付くまで、そのままらしいです。
頑張って可愛いお花を咲かせておくれ〜。
290520a.JPG

先ほどの洗礼のお話の続きですが、入居後、ふとタイルデッキを見ると、デッキを横切る足跡が…点々と!
新品のタイルなので、見つけ次第デッキブラシで落としていましたが、しばらくするとまた…!

その正体、ヤマボウシの写真を撮っていた時に、偶然捉えました!!

カシャ!
290520b.JPG

わー…睨んでおりますね…。
相当警戒されているご様子。

新しい土地にやってきた私たち新参者に洗礼していたのは、ご近所の方たちではなく、ネコ様だったようです。
もしや、この辺りをとり仕切っているボスなのでは?と内心焦りましたが…

それは最初だけの挨拶のようでした。
お庭に何か、うん〇されたり、という事は今のところ無いです。はぁ〜良かった良かった。


外構の話に戻って…

西側にはトキワマンサクの生垣。
お隣さんとの境界線が家を建てる前からすでにあったのですが、その柵がひざ丈と低く、だったら気になる所だけでもソフトに目隠ししよう、と選んでいただきました。
290520c.JPG
(右側にあるのは、立水栓です)

いやはや、柵って難しい気がします。
あまり頑丈に囲って中が見えないと、ご近所に威圧感を与えてしまうし、逆に視界が開けすぎていると、防犯的には良いのかもしれませんが、やっぱり見られているようで落ち着かないですよね。

今もちょくちょくご近所の外構を眺めていると、植樹で視界を遮るのは、ソフトな感じで良いです。育ちすぎてジャングルのようになっている家もチラホラ見かけますが…
(それ、私の実家だったわ)

我が家では、間取り図を見てもわかるように、庭全体が狭い。前の家までの距離も狭いです。
なので、目隠ししてしまうような柵を作ると、採光も風通しも悪くなるかな、と考えました。

何も植えないのなら、それはそれで構わないかもしれないけど、ガーデニングライフもちょこっと楽しみたかったので、家を建てる時と同じく、庭も採光を重視しました。

…ので、柵はシンプルに風通しの良い、お安いものを選びました。
(勿論、懐具合も大いに関係しましたよ!)

そんなこんなで、我が家の外構、南の庭の植樹を依頼したのはここまで。
あとは自分たちで考えて植えたりして整えていこう、ということになったのです。

外構計画、続きます〜。
posted by ゆふ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構・庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

外構計画1


こんにちは、ゆふです。
さて、我が家の外構計画です。

小さな庭と、玄関周りを施工していただく外構の業者さんについては、うちは3社、見積もりを取りました。ジューテックホームさんのご紹介と、自分で資料を請求して検討したところです。

そんな中での決め手は…

打ち合わせ中のアドバイスが分かりやすかったこと

注文住宅で家を建てて、ちょうど燃え尽きる頃、外構の打ち合わせって始まりますよね。しかもすで予算もキツキツ。
そこで、こちらの望んでいる事を、さっと提案していただけたのです。

具体的には…

 南掃き出し窓に面した庭にはウッドデッキをつけたいけど、雑草や管理が気になるどうしよう。

→なら、いっそタイルデッキでどう?そのほうが安いしメンテも楽だよ。ニセウッドデッキよりもお安くできるよ。


 玄関の門柱は、カーブした白い塗り壁にレンガの笠木にしたい。
こんな感じの↓
montyu.jpg
画像お借りしました

→雨垂れの跡がレンガの目地に沿って塗り壁に付くので、お勧めしない。特に日の当たらない北玄関だとコケも生えるし、白をキープするのは難しいよ。


 オシャレな物置が欲しい。カントリーっぽい感じの。

→見た目は良いけど、値段も高いし、耐久度的にも無難にイナバ等のメーカーが良いよ。


 可愛いレンガっぽい立水栓をつけたい。でも高いので悩む…

→あれね。使うたびに回りこんで屈んだり面倒な所もあるから、シンプルで実用的に、デッキの内側に向かって蛇口だけをつけるのおススメ。


などなど。

気さくで向き不向きもハッキリ言ってくれたのが、家造りで疲れ切っていた私たちにはちょうど良かった。
近場でちょくちょく相談できたのも良かった。
それから価格もとても据え置きにしていただけたこと。
この辺りが、夫婦共、すんなり納得できた要素になりました。

******
そんなこんなで、M工業さんにお願いすることになった我が家の庭は…

前回の平面図↓
290508a.JPG

こんな感じの状態から…
290515a.JPG

着々と作っていただき…
290515b.JPG

立水栓も…
290515c.JPG
確かに、これだと作業も楽そう。

そして物置は…
290515d.JPG

イナバ物置のクリーム&白で、それ程違和感も無く。おまけになんと、下にコンクリートもサービスで施工していただきました。(転倒防止策で)

門柱は?

…ごめんなさい。ネットではお見せできませんが、全体がレンガで、カーブを付けた可愛い門柱にしていただけました。


外構計画2に続きます。





posted by ゆふ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 注文住宅に決めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

庭に木を植える幸せ


こんにちは、ゆふです。

家造りの記録もやっと完成時まで追いつき、今の私の関心事はというと…

植栽!そう、花&木でございます。
せっかくの新居での初の春!というかもう初夏?
殺風景な庭にグリーンを増やすべく、ご近所の植栽に目が釘付け。

思えば、初めて車を買う時には車ばっかりに目が行き、家を建てるときは他所の家ばかりに目が行き…
で、今は庭木。

でも、今でもご近所に土地が空けば、自分ならどんな家を建てるか妄想したりしてます。
これは注文住宅あるあるでしょうね。

******

我が家の庭はと言うと…

諸々の事情から、道路に面した玄関口の様子は載せられませんが…南側のリビングに面した庭。こちらをちょっとご紹介。

平面図はこちら。

290508a.JPG

ちなみに外構工事はM工業さんにお願いしました。

掃き出し窓の前はタイルデッキ、西側を常緑樹のベニバナトキワマンサクで目隠し、東側のシンボルツリーはヤマボウシ(花の大きい落葉樹のほう)を選びました。
hana.png
(左がベニバナトキワマンサク、右がヤマボウシ)
画像お借りしました


このヤマボウシは、実家で母が好きだった木。
花が咲くととても可愛いんです。私もお気に入りの木でした。

うちの新築時に、ちょうど実家の取り壊し時期も近かったため、移植を希望していましたが、タイミングや金額等、諸々の理由で出来なかったのです。

庭木や草花は、家をとり壊す際、基本的には廃棄されるようです。
中には希望者に譲るというエコな市町村もあるようですが…
引っ越し時に一緒に移植して持っていく事もできますが、手間賃や配送等で新しい木を購入するよりお金がかかり(とすると、それはよほど大事な木でないとですね)、なおかつ季節によって難しかったり。

ずっと愛でていた木とさよならするのが惜しかった。

けれども、考え抜いて建てた我が家の庭に、新しいヤマボウシをお迎えしてみて…。春になって無事に花もチラホラ咲き始めて…。

ささやかだけれど、庭に木を植える幸せを、改めて感じることができました。
これも、注文住宅あるあるですね?

そんなお庭について、外構計画も含めて、ちょろっとご紹介していこうと思います。
posted by ゆふ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 住んでみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする