2017年12月30日

ホコリが気になる人の家造りのススメ【その2】


ゆふです。
年末ですね。大掃除は終わりましたか?

前回の記事で、1番ホコリがたまって掃除が面倒なのが、2階吹き抜けホールだと書きました。

今日は我が家のその2階ホールの下、キッチンについてです。

*****

キッチンのホコリ。
年末の大掃除でよく悩みの種になる代表格。

理由は、油と水分でホコリがこびりつきやすいこと。
調理中の油はね・湯気、シンクで洗い物をしたあとの水はね・湿気と、ホコリが合体したらも〜、厄介なものばかり。


*****

なので、キッチンは、ここだけはせめて『見せる収納』にしないほうがいい気がします。
掃除好き・きれい好きさんではなく、お掃除面倒くさがりさんに向けて…ですが。

物をちょっと出しておいただけでも、気が付けばベトっとしたホコリを被りやすいキッチン。

外国で壁面にお皿やフライパンをたくさん飾っていたりするインテリア、あれは油を使って炒め物をするよりオーブンで調理する文化だから、とか、日本のような夏のじっとりとした湿気のない国のインテリアだからなんだろうな〜と思ってます。

私もそんなインテリアには憧れますが、この面倒くさがりな性格上、そう思ってあきらめてます。


何度も言いますが、油分や湿気とホコリの相性ったらもう…ね!

うちは食器棚、収納にはもちろん扉をつけて、ホコリを被らないようにしていますが、もっと良く考えたら、キッチン家電製品の棚にも扉をつける位にしても良かったかも。
意外に家電製品の上や下にもホコリって溜まりやすいですね。


極めつけは、対面キッチン。

ここの、特にカウンターのホコリが目立ちます。

なので、面倒くさがりの私も、カウンターは毎晩乾拭きしています。
それでも、毎回ちょっと湿った感じのホコリが取れるんですよね〜。(特に夏場)うぅむ…

よく、コンロの前に油跳ねよけのガラスを貼ったり、そこだけ壁で隠したりして汚れを遮る工夫をした施工を見ますが、もう、思い切ってカウンターに、全面ガラス貼り!でもいいのでは…

って思ってしまうのは私だけかしら?

事例を探してみると…
こんなのありました。

そうそう、イメージしてたのはこんな感じ。
kitchin1.jpg

さらにおしゃれなガラス張りだと、こんなのとか。
kitchin2.jpg

もう、お店のようですね。うっとり…
kitchin3.jpg
(画像は三つともお借りしました)

次回リフォームする時に提案してみよう。そうしよう。(いつの話やら〜)

そもそも対面キッチンにした段階で、ある程度キッチンの汚れや臭い・音問題もデメリットであるとは知っていたけれど。

うちの間取りだと、キッチンを個室にしてしまうと、すごく暗くなってしまうのよね〜。


そんな悩みを抱えつつ、ふと2階吹き抜けから下をのぞき込んで見ると…

290310f.JPG
キッチンカウンターは、ホコリっぽい2階ホールの真下!


も…もしや、このホコリは2階から降ってきたものではないか。

ビンゴでしょうか…

まぁ、そんな疑念に駆られながら、毎晩カウンターを拭き拭きするのです。



吹き抜けのあるこの間取りにしたのは、私の希望。

吹き抜けのある、リビングを見渡せる明るいキッチン、これを叶えておいたんだから、色々不満も出てくるのも、まぁしょうがないっちゃあしょうがない…のかな?

posted by ゆふ at 17:34| Comment(0) | 注文住宅に決めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

ホコリが気になる人の家作りのススメ【その1】


前回の記事からだいぶ間が空いてしまいました。
ゆふです。生きてます。
また書きたい欲がちょろっと出てきたので、少々お付き合いください。


住み始めてから1年とちょっと。
一軒家のお掃除は面倒ですね…。

想像していましたが、面倒くさがりには本当に面倒です。
お掃除ロボットという頼もしい子たちのお陰でかなり助かってますが…。

家作りの時に、見た目よりももっと気にしていたかったなぁと思うところがボチボチ。

思えば住み始めた頃は、今より新居に対する幸せ脳内ホルモンが充実していたせいか、冷静に見れていませんでしたからね…


ところで、我が家で一番ホコリがたまる・目立つところといえば…

室内干しのある2階ホール、になります。

1階リビングから見上げたの図。
291201a.JPG
(洗濯物にはモザイク入れてますのでご安心を)

ん〜…生活感出てますね〜。
いいの、もう慣れたから!

晴れの日で花粉の飛ばない時期以外は、ここ。湿気の多い時期は浴室乾燥を使ってます。

が、結局、干したり洗濯物を取り込む・たたむ時はいつもここになります。
その時に糸くずや繊維系の大量のホコリがでるのですよ…。

しかも床がウォールナットの濃い茶色なので、ホコリ目立つ目立つ。
床掃除して、一日経っただけでも、家中で一番ホコリが舞ってます。

2階ホール。
291201b.JPG
掛け布団カバーやシーツなんかもここで干し干し。

で、ですよ。

床はさーっとモップかけたり、お掃除ロボたちにお願いできるとして、問題は、例えばここ。

吹き抜け部分の格子手摺りの下の部分。
291201c.JPG

恥を忍んでズームアップ!
291201d.JPG
前回モップでホコリをとってから3日目。
すでにあちこちに目立つホコリが…

普段、床以外のホコリ掃除の際には、円柱タイプのハンディモップで掃除してます。
建てつけの建具などには水拭きにあまり適してなさそうなのもあって…
いや、面倒臭いのもあって…ごにょごにょ…

特にこの格子手摺り部分の下は、格子の間を一ヶ所一ヶ所、屈んでハンディモップをぐりぐりぐりぐりっとねじ込んでホコリをとってます。

いや、もう、ちょー面倒臭い

もちろん、この手摺りに決めたのはデザイン!夫婦二人で気に入って決めたもの。あと、採光や空間を広く見せたい等を考えて。
訪れた人にも、ここは素敵だね〜って言われます。

でも、面倒臭い。
掃除のたびに、無心でぐりぐりグリップ利かせてます


デザインの素敵な、意匠に凝った内装にする際には、ホコリの出る場所、又そうじゃない場所でも、自分がその家に住む限りずーっとお掃除できるか、自分のお掃除キャパを考えてから採用することをオススメします。

私、素敵なおうちの為なら、一生?頑張る!って思ってても、お掃除大好きな人以外、新居幸せ脳内ホルモンは段々と下がっていく一方なので…

あれです、新婚当初と今とを比べて下さいよ。
え?全然今でもラブラブで全然どんな苦労も厭わない?
あら、それは失礼いたしました。


他にもちょこちょこ気になるぞ!な部分を、またご紹介しようと思います。





posted by ゆふ at 18:08| Comment(0) | 住んでみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

あっという間の1年点検【施主の心構えは?】


こんにちは、ゆふです。
先日、1年点検がありました。

いや〜。家を建てて1年って早いですね。
施工会社さんから見れば、施主さんの1年後っていうのは、大体アフターメンテナンスやら不具合やら追加の要望がひと段落する時期なようです。

施主さんの家に対する情熱もひと段落するようで、大体わがままで要望が多い方からも、この頃になるとあまり問い合わせや相談が来なくなってくるとか。


そりゃそうですよね。
ある程度、日々の暮らしの中での使い勝手や希望に近いインテリアに満足できたら、施主さんも家に対する執着がだんだんと薄れ、日常に戻っていくと思うんです。

現にウチの旦那さん、私が家ネタを持ち出すと
もう家の話は飽きたよ。無情に馬車馬の如くローン返済するだけだよ」と、冷たいお返事。

いやまあ…それは…

うん、ごめんね?
妻は感謝していますわよ。


でも、これからはマンションと違って、常に自分たちでメンテナンスして行くものなんだよ。
だから管理も補修も自分たちで考えて、家をちゃんと家族のように大事にして行ってね。

そんなメッセージを1年点検では感じた次第です。いえ、特に点検に来た方が言ったわけではないですが。

1117a.JPG

で、点検の流れとしては。

◎家の外壁 ひび割れ等チェック(施主は常にチェックして下さいね?とやんわりご指導)
点検口は外壁に問題ないので潜らず。

他にも…
サイディングの外壁はケルヒャーで掃除したらだめ。欠けちゃうらしい、など。
(旦那さん、ケルヒャーを買いたいらしく)

◎家の中の壁クロスのひび割れ補修
自分たちでも、上から塗る水性塗料で補修できるよ、とのこと。

◎各水道の蛇口のフィルターは一年位でチェック&掃除してね
フィルターがあるって知らなかった…
水回りでこれが原因で苦情が結構来るらしいです。

そんな内容でした。
我が家は特に子供やペットの居るおうちではないので、あまり傷も無く全体的にきれいに保っている方らしいです。


次回は2年点検、5年点検、10年点検。
その頃にはクロス等を替えていたりするのかな。

…というか、点検時期を忘れられないか、はたまた忘れてしまわないか不安ではありますが…!



posted by ゆふ at 00:27| Comment(0) | 住んでみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。